小さな旅のおすそわけ・鎌倉

長引くコロナ禍の中で、皆んなストレスを感じながら暮らしていると思うのです。そのストレスを発散させ心身の穏やかさを保ちつつ、今しばらくは自分にとっての心地よさを考えながらの生活が必要ですよね。

今年のゴールデンウイーク(GW)は、平日3日間を休めば最大11連休になりますね。過ごし方で最も多かったのは「自宅で」の76%と出ておりました。本来ならば遠出の旅がしたいところですが、皆さんその「気分」を味わい近所の公園や神社、そして近場の運動・・・と、とにかく”密”を避けての生活です。何とか一日も早い収束を願います。

私は「まん延防止等重点措置」が出る前に先週鎌倉に小さな旅をしてまいりました。早朝一番のバスで下山し(ガラガラでした)鎌倉まで。

鎌倉に住む娘と合流し向った先は大好きな報国寺。このお寺さんの竹の庭で、竹林を渡る風を感じてみたかったのです。9時開門と同時に山門をくぐり、なだらかな参道に参拝者を導く「薬医門」。このお寺さんは禅寺ということもあり、外国の方がよく訪れておりましたが、コロナ禍で人はほとんどおりませんでした。

建武元年(1334年)報国寺開山(仏乗禅師)さまは、現在の地に休耕庵を建てて修行なされました。また余暇を得て、詩作を楽しみとしつつ、静かな御生涯を過ごされたそうです。本堂でお参りをすませ、竹の庭へ。約2,000本の孟宗竹の美しさと力強さに心が癒されました。その竹の庭を観ながらお抹茶いただきました。

茅葺のかねつき堂を見ながらお寺さんを後にし、鶴岡八幡宮でお参りをすませ、満開の「神苑ぼたん庭園」を散策しました。

そして、私の大好きな鎌倉山の「ハウスオブポタリー」さんで軽くランチをいただきました。レストランの中を初夏を思わせる心地よい風が流れ、”幸せ”とつぶやき帰りは鎌倉の裏道を歩きながら鎌倉散策を終えました。

ニュースなどでよく見かける鎌倉は人・人・人。でも一歩裏道に入れば静かな”古都鎌倉”があります。”巣ごもり”を強いられる中、自分流の密を避けてたまには小さな旅もいいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です