希望を照らしてくれるもの

能登半島の地震から5か月がたとうとしています。復興に向けた歩みは始まっているものの、倒壊家屋の解体などは緒に就いたばかりで、今でも、大勢の方々が避難所で暮らしていらっしゃいます。

当たり前にあると思っていた普通の暮らしが、どんなにかけがえのないものであるか。そして、いかにたやすく奪われるものであるか。この間、深く感じさせられました。

能登だけではありません。世界に目をはせれば、ウクライナやパレスチナでは戦いが続いています。爆発物を積んだドローン、そうした無人兵器が引き起こす爆発、奪われていく命……死者何人と数えられるひとりひとりに名前があること、愛する家族や友人との現在と未来が永遠に奪われていく重さと非道さに、胸が痛んでなりません。

「どのようにささやかな人生でも、
それぞれがみずからのいのちを、
精いっぱいに生きるものは、
やはりすばらしいことである。
生きるということは何か
いろいろの意味があるのだろうが、
一人一人にとっては
その可能性の限界をためしてみるような
生き方をすることではないかと思う」

(宮本常一著『民俗学の旅』より)

宮本さんのこうしたまなざしが、今こそ、求められているのではないでしょうか。

役者・坂本長利さんは、宮本さんのこの言葉を愛したひとりでした。

私と坂本さんは、大切にしているものが同じだったからでしょうか、魂が触れ合うような、心に染みる時間を重ね、長年にわたり、よきおつきあいを続けさせていただきましたが、残念なことに、先日、94歳で旅立たれました。

「一本の蝋燭が灯る舞台に、かすかな水音、祭囃子、御詠歌が重なり、やがて薦をかぶった老人があらわれ、閉じられた目を静かに客席に向ける――坂本長利さんの独演劇『土佐源氏』を初めて拝見した時の驚きを、今も鮮やかに覚えています。親の顔も知らず、一人で生きて来た馬喰の悲しみ、切なさ、やさしさ、喜びが幾重にも重なり、心を激しくゆさぶる感動の名演でした。

『土佐源氏』は私の敬愛する民族学者・宮本常一先生の著書『忘れられた日本人』の中に収められた、高知の元馬喰から聞き取った話をもとにしているというご縁で、以来、坂本さんとのおつきあいが始まりました。

坂本さんは38歳から、この作品を演じられ、モデルになった男性の80歳という年齢を超え、ようやく落ち着いてやれるようになったとおっしゃるような、根っからの役者でした。おしゃれで、コムデギャルソンを着こなし、さりげなく色香を漂わせるダンディーな男性でもありました。

「浜さん、箱根のこの家、素晴らしいですね。宮本常一先生に影響を受けて建てたこの家の広間で、『土佐源氏』をやってみたらどうだろう。何か新しいものが生まれるかもしれない」

我が家においでくださったとき、坂本さんはそうおっしゃり、意気投合し、私もその日を心待ちにしておりました。コロナのためにそれが実現しなかったことが残念でなりません。

「元気で100歳を迎えられたら、這ってでも『土佐源氏』をやりたいんです」

ともおっしゃり、毎朝、木刀を100回振って、身体を鍛えていた坂本さん。

今は宮本先生と土佐源氏の話をなさっているのでしょうか。そちらでも、民の生きざまを演じていらっしゃるでしょうか。

強靭な役者魂と、土に生きる人々へ温かいまなざしの持ち主であった坂本さんとの、長年のおつきあいに心から感謝いたします」(坂本長利さんを『偲ぶ会』に寄せて、寄稿)

能登の人々の営み、育んできた豊かな文化を、これからも私なりに見つめていきたいと思います。同時に、戦いで傷つく人がなくなるようにと願い続けていきます。その内なる希望を、宮本さんの言葉が、どんなときもそっと励まし、照らしてくれるような気がしています。

箱根の山は、真っ白なヤマボウシの花でふんわりとおおわれる初夏を迎えました。

能登の人々のやさしさを感じるところ

福浦港と灯台、そして腰巻地蔵

能登半島の西端にある福浦港は、かつては福良津と呼ばれ、8~10世紀(奈良時代から平安時代にかけて)は中国大陸との交易の港として、江戸時代は日本海航路を結ぶ北前船も寄港する港として栄えました。

能登金剛の名で知られる断崖が続く荒々しい海岸線。そこにぽっかりと開けた深い入り江。今は静かな漁港ですが、澄んだ青空と美しい海を前にすると、天然のこの良港に多くの船が出入りしていたころの光景が私の瞼の裏に浮かびます。

福浦港のすぐ脇にある日和山という名の高台には、現存する木製灯台では日本最古である旧福浦灯台があります。明治9年に、日野吉三郎さんが建造した灯台です。その歴史はさらにさかのぼることができ、約400年前の慶長年間に日野家の先祖・日野長兵衛氏が港に出入りする船の安全のためにかがり火を焚き、やがて灯明堂が建てられたとか。小船をつくり、商いを営んでいた福浦の大店・日野家が脈々とつないできた灯台なのです。

また、福浦港を挟んで旧福浦灯台の反対側には、腰巻地蔵というお地蔵様が祭られています。かつて福浦に北前船目当ての船宿や遊郭も多かった頃、船頭に恋をした遊女が別れを惜しみ、「どうぞ、海が荒れて、出航がとりやめになりますように」と自分の腰巻を地蔵に当てたところ、たちまち海は荒れ、船頭の船は出港できなかったという言い伝えが残っています。このお地蔵様を紹介してくれたのは、北陸放送のラジオのプロデューサー・金森千栄子さんでした。以来、能登を訪ねたときには時間を作り、足を延ばすようになりました。

この灯台とお地蔵さんに、宮本常一先生の著作『忘れられた日本人』に通じるものを、私は感じずにはいられません。

『忘れられた日本人』は日本各地の土地の古老達の話を宮本先生が聞き書きした作品で、読み進めるうちに、一見、なんということのない地道なひとりひとりの人生の中に、喜び、苦悩、悲しみなどがぎっしり詰まっていることに驚かされ、やがて生きるとはどういうことなのかと、改めてじっくり考えさせられる名著です。

女性の社会進出が進み、社会的地位が劇的にも変化した今、たとえば腰巻地蔵が物語る遊女の悲しみに思いをはせることさえ、だんだん難しくなっているのも事実かもしれません。実際、時代の変遷とともに、全国には消えていった、こうしたお地蔵さんがたくさんあると聞きます。

けれど、語り継がれたものの中には、当時の暮らしや文化、信仰、考え方などが息づいており、そこに現代にも通じる問題や、あるいは形を変えて続いている考え方などが隠れていたりもします。

――愛しい人のそばにずっといられますように。

――あの人が無事でありますように。

能登の人々は、自然に対する尊敬と畏怖の心、そして女たちの祈りの本質を見つめる確かなまなざしをもっていたからこそ、腰巻地蔵の物語を今の時代までつないでこられたのではないでしょうか。

旧福浦灯台と腰巻地蔵には、能登の人々のやさしさと心の弾力、深い叡智が詰まっています。その場にいると、心がふわりと温かくなる気がします。お近くにいらしたときにはぜひ、訪ねてみてください。

金森さんは、ラジオカーを走らせ、街の声を拾い集め、ラジオの双方向の放送を提供した先駆者でしたが、残念ながら昨年の11月に旅立たれました。

訃報をお聞きした時、ふと心に浮かんだのは、福浦港で行った宝探しの光景でした。

今から四十年ほど前、金森さんと船から福浦の港を眺めていた時のことです。かつて福浦地区では、不要になったごみを、人々が崖の上から捨てていたという話を聞きました。「あそこに」金森さんが指さした先には、断崖を背にただ緑の草が生い茂っていました。

明治、大正、昭和の初期……ものを使い切る時代に、人々がごみとして処分したものは何かしら。今も形が残っているものがあるかしら。そのごみを調べてみよう。できる限り回収して港をきれいにしよう。私と金森さんは船からおりる前にそう意気投合していたのです。

ラジオでみなさんに呼びかけて、後日、福浦港に集まった人々と一緒に、崖下を掘り進めました。出てきたものの多くは陶器やタイルなどのかけらでしたが、中には無傷に近い器などもあり、「あったぞぉ」「見つけた!」という人々の歓声もあがりました。

回収したごみは2トントラック10杯分。何世代にもわたって、そこに住む大勢の人が出した不要なものがその量でした。

私が見つけたお宝は白いホーローの洗面器でした。港町の医院で、使っていたものでしょうか。欲しいという方にさしあげてしまったのですが、今もその形、佇まいをはっきりと思い出すことができます。ものという窓を通して、時をさかのぼる旅をしたような気がしました。

福浦の青い空と海が恋しくなりました。福浦の潮風にもう一度、吹かれてみたくなりました。

石川県観光公式サイト ほっと石川旅ねっと
https://www.hot-ishikawa.jp/spot/detail_6372.html

能登と角偉三郎さんのこと

長年、愛用しているお椀があります。煮物、汁もの、うどん、そば、ご飯もの……なんでもござれの、角偉三郎さんの合鹿椀です。形や塗りの美しさはもちろん、手でもち、唇をふれるたびに、その心地よさに改めて感動を覚えます。このお椀に盛り付けると、料理の味わいが二割、いや三割増しです。

偉三郎さんは漆の下塗職人の父と蒔絵職人の母の元に生まれ、輪島の伝統の中で育ちました。沈金作家として、絵画のようなパネル作品を次々に発表し、アーティストとして早くから注目されましたが、石川県能登町合鹿地に伝わる合鹿碗に魅せられ、「生活で使う道具」へと作風を変えていきました。

削った大椀の木地に、じかに漆をかけ流し、塗りつけた合鹿椀は、土地の人々の暮らしに長く根差していたものでしたが、後継者不在のため、大正期にはその伝統が途絶えたといわれます。その合漉椀を偉三郎さんは復活させたのです。

「木に逆らわず、漆に逆らわず、うぶで正直でという椀を作ろうとしました」

「技術だけでは終わらない、人間だけでは終わらないものを、合漉椀に強く感じるんです」

「器は使って初めて完成します。「手でつかみ、口唇にふれる」これこそが漆の本来の姿だと思う」

角さんにはじめてお会いしたのは、私が30代後半のころ。今から40年ほど前のことでした。以来、お会いするたびにお酒をご一緒し、合漉椀への思いから漆文化の旅、能登の魅力など、さまざまなことをお話しいただきました。タイやミャンマーの村で、木から削っただけのものに、木くずや砂埃がくっつくのもかまわず、漆を塗っているのを見て、漆の原点を見たというお話は、中でも強く印象に残っています。

偉三郎さんは、旅を愛し、能登を愛した人でもありました。

「能登には海からの文化と、峰からの文化があります。海からは、北前船や遠い大陸から持ってくるものが寄って文化を伝えていくと同時に、海から出ていく文化も生み出してきた。一方、峰から村々へ下りてくる文化は次第に籠って錬れていく。だからこそ守られてきたものがある。能登は相反するようにみえる、ふたつの文化を抱えているんですよ」

「能登は自然と水がいいんです」

「僕はときどきたまらなく輪島を出たくなる。輪島を出るときには口笛が出ます。帰るときにも口笛が出るんです。両方、大事なんです」

土地はそこに根差した歴史や文化と一体なのだと、お話を伺いながら深く感じました。偉三郎さんという人もまた、能登の自然、文化、歴史が生み育てたのだ、とも。

合漉椀を復活させた偉三郎さんは、とどまることなく、さらに素材と漆の新しい合わせ方を創造するなど、漆と共に暮らす喜びを追求し続け、2005年、65歳で旅立ちました。

このたびの能登半島地震の後、偉三郎さんがご存命であれば、どう行動なさっただろうと考える日が続きました。合漉椀だけでなく、輪島塗全体の今後を考え、偉三郎さんは果敢に立ち上がったように思えてなりません。

この地震では全壊や半壊を含め、いくつもの輪島塗の工房が被害を受けました。未だどこから手をつけて良いのか分からない状況も続いているとも聞きます。けれど、室町時代から続く輪島の、能登の伝統の塗り物を途絶えさせるようなことがあってはならないと私も、切に思います。

もし塗り物の器をしまっていらっしゃるなら、取り出して、ぜひ日常で使ってください。輪島展などがお近くで開かれているようでしたら、足を運んで、手に取って下さい。そして、いつか、落ち着いたら、偉三郎さんの愛した能登を訪ねてください。

「能登半島は連れ込み半島なんです。女や男を連れ込む。物の怪も。浜さんも」

そういって、にやりと笑った偉三郎さんのいたずらっぽい表情を思い出しました。能登には、連れ込まれた旅人をあたたかく迎えてくださる偉三郎さんのような人がきっと、たくさん待っています。

問わず語り ~能登に想いを寄せて~

今年も桜の便りが届き始めました。自然は厳しく強く、ときに優しく、人に寄り添ってくれるものでもあると、感じずにはいられません。

能登半島地震の発生から丸三か月がたちました。この地震に被害にあわれたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

元旦の夕方 16 時 10 分に起きた地震は石川県志賀町と輪島市で震度 7 、七尾市、珠洲市、穴水町、能登町で震度 6 強。石川県だけでなく、激しい揺れは富山県、新潟県、 福井県をも襲いました。

私にとって北陸は、20代から何度も繰り返しお訪ねした場所です。箱根に家を建てると決めた時には、北陸の友人の家に中古の車を置かせてもらい、休みのたびにハンドルを握り、古民家を見てまわりました。箱根の家には、その時に出会った北陸の古民家の梁や柱、床板が生かされています。そして北陸を歩く中で、土地が育んだ文化、人々の人間性に、私はいつしかすっかり魅せられたのでした。 

震災から時間がたち、避難している皆様の疲れが顕著になる時期となりましたが、被災地では一部で仮設住宅への入居が始まっているものの、復興には何年もかかるといわれます。そのとき、残るものも、失われていくものも、新たに生み出されるものもあるでしょう。

北陸のために、私に何ができるだろうと、自問自答する日々が続きました。そして、もしあるとしたら、私がかつて出会った北陸の人々や美しい道具のことを伝えることではないかと思いました。

心の奥底に大切にしまいこんでいたものを取り出して、これからしばらくの間、私の「問わず語り」として、折々に綴っていきたいと思います。よろしかったら、どうぞ、お付き合いくださいませ。

日本海には、港に通じる小道がいくつも走り、通りには豪壮な商家や船主屋敷が建つ港町が点在しています。巨万の富を生む北前船の、かつての寄港地です。土地の神社では、遠い京の都にも通じる祭礼が今も行われ、言葉や民謡にも古い雅が残る港町。加賀市橋立町もそんな港町です。

土地の氏神さまの出水神社には北前船主らが寄進した鳥居や、敦賀や大坂の問屋が寄進した灯篭、玉垣、狛犬がたっています。絵馬堂には、何枚もの船絵馬が航海の無事を祈って、奉納されていました。そして通りには堂々たる風格の船主の屋敷が並んでいました。

酒谷えつ子さんはその一軒に住んでいる高齢の女性でした。お会いしたのは、昭和57年の7月。えつ子さんは88歳でした。

土塀が巡る大きなお屋敷でした。上がり框、柱、梁は総ケヤキ。天井には煤竹が一面に張り巡らされていました。驚いたのは、奥の座敷に、大小のふたつの仏壇があったことです。

三月の梅の花咲くころから年の暮れ近くまで、橋立の男たちは北前船に乗って家を留守にします。その間は大きいほうの仏壇の扉を閉めておき、男たちが帰って、航海の無事を先祖に報告するとき、再び扉を開けるのだと、えつ子さんが教えてくれました。小さい仏壇(縦約1メートル×横約50センチ)は、留守を守る女たちの仏壇で、「夏用の御仏壇」と呼ばれていました。

板子一枚下は荒海。難破の危険もあり、男たちが船出をするときには、船の姿が見えなくなるまで、浜に立ち、声を限りに呼びかけ、手をふっていた女たちは、その小さな仏壇に毎朝夕、手を合わせ、男たちの無事を祈っていたといいます。男たちを送り出した女たちの暮らしも、厳しいものでした。畑を耕し、子育てをし、家はもちろん村のことも切り盛りしていたのは、もっぱら女たちだったからです。

でも過去帳には女の名前は記載されてはおりません。そこにあったのは、男の名前だけでした。

実は、えつ子さんと会った直後に、私は北陸放送開局30周年記念ラジオ番組企画「リブⅡ世号 北前船の海を行く」に出演する予定でした。海洋ジャーナリスト小林則子さんの航海に私もご一緒させていただくことになっていたのです。けれど、男にしか許されなかった北前船の航路を、女の私が果たして辿っていいものかと、ためらいもありました。海に生きた男たち、それを支えた女たち、何百年も脈々とつながれてきた歴史と文化に対する敬意が、私を躊躇させていたのでしょう。

私がその思いを打ち明けると、えつ子さんは静かにこうおっしゃいました。

「いいじゃございませんか。男の役割を女がし、女の役割を男がしてみる。そうすればお互いの役割をより理解できると思います。おやりあそばせよ」

古くからの文化を守ること、今という時代を生きること。その両方を、えつ子さんから教えていただいたような気がしました。

あれから42年。能登半島地震では、加賀市の揺れは震度5強でした。道路や家屋への被害は発生しましたが、幸いにも人的被害はなく、3月16日には北陸新幹線加賀温泉駅も開業しました。えつ子さんの家は今、『北前船の里資料館』として公開され、訪れる人に北前船の歴史と文化を伝えています。

https://www.city.kaga.ishikawa.jp/section/kitamae/

これから80代の旅がはじまります

我が家から白い雪を抱いた富士山が見える頃となりました。

長い夏がようやく終わり、木々が色づいたかと思うや、すとんと冬がやってきました。

きーんと冷えた朝の空気を肌に肺に感じつつ、箱根の山を歩いていると、毎日、お日様があがること、季節が確実にめぐっていることに感謝の気持ちがわいてきます。

そして夜、冬空を見上げると、輝く星の光のひとつひとつが、気が遠くなるほどの時間をかけて、今ここに届いていると感じ、自分が膨大な時の流れの中に生きる、地球という小さな星の住人であると思わされます。

先日、家族とともに旅した鹿児島で、80歳の誕生日を迎えました。

鹿児島は私にとって大切な思い出の地。映画「007シリーズ」の「007は二度死ぬ」(1967年公開)に参加した時の、日本における撮影地のひとつが鹿児島でした。私が22歳のときのことです。

邦画の撮影と何もかも異なり、移動はヘリコプター、食事はシェフ付きのキッチンカー、まわりに飛び交うのは英語だけと、戸惑うことも少なくありませんでしたが、その中で得難い経験もたくさんさせていただきました。

どんなに撮影が押していても、朝10時と午後3時のティータイムを楽しむというのもそのひとつでした。時間になると、すべての作業を中断して、キャストとスタッフが入り混じり、ビスケットなど甘いものと紅茶をいただき、ひと息いれるのです。邦画育ちの私でしたから、あと1カットを撮ればこのシーンは終わるというときには、なぜ撮影を優先しないのかともどかしく思ったこともありました。

けれど、ティータイムになじんでいくにつれ、それがもたらすものが少しずつわかってきました。心の潤いといった精神的な効用にとどまらず、人々と交流する時間でもあり、内省するひとときでもあり、新たなエネルギーを育むひとつのリズムともなりうる、いわば句読点のようなものだ、と。

それにしても、あのころの私は、自分が年を重ねて80歳になるなんて、想像もしていませんでした。目の前のことに必死で、考えられるのは今日、明日、せいぜい来年のこと。50年、60年という時間など、永遠と等しいものでした。

鹿児島の地を訪ね、そんな若いころの自分も思い出し、多くの人に出会い、学び、今があると改めて感じました。

大きな病気も怪我もせず、この日を迎えられたことをありがたく思います。

不安がないわけではありませんが、これからは80代の日々を旅する気持ちで、暮らしていこうと思います。

揃って誕生日を祝ってくれた家族を大切に、ラジオの仕事を継続し、会っておきたい人をお訪ねし、映画を楽しみ、美術館を歩き、ときにはきままに旅に出て、10時と3時にはミルクと蜂蜜をたっぷりいれた紅茶の時間を味わいつつ。

80歳になったのを機に、このブログもティータイムをいただくことにいたしました。

20年間、ブログをお読みいただきまして、本当にありがとうございました。

ここまで続けることができたのは、「読んでいますよ。次回も楽しみにしています」と多くの方に声掛けをいただき、励ましていただいたおかげです。

お声は聞こえなくても、ブログに心を寄せていただいていたみなさまにも、感謝の気持ちでいっぱいです。

人は誰もが旅人です。

今日という新しい日をおもしろがり、心に刻んで歩いてまいります。

日々、心と体を整えて暮らす

世界各地で紛争や災害がたくさん起きています。これほど多くの人が苦しむ姿をほぼリアルタイムで目にするのは人類史上、はじめてかもしれません。近くに目をはせれば、芸能界における忖度といったスキャンダルなども次々にあきらかになるなど、表面の奥底に沈み込んでいた澱が時満ちてあらわになる、それが今という時代なのかもしれないと感じるほどです。

その中にあって、生々しい映像、解決策の見つからない状況に、不安やストレスを感じ、心を痛めている方も多いのではないでしょうか。

このところ、ふと心をよぎるひとつの思い出があります。

40年前、古民家が壊されていくのが忍びなく、せめて何軒かの家の廃材を使い、箱根に一軒の家を建てようと決めたころのことです。

「浜さん、もう一度、家を見にきてちょうだい」という連絡をいただき、北陸地方の山間にある、一人暮らしのおばあさんの家を訪ね、二晩、泊めていただいたことがありました。我が家を建てるために、12軒の古民家の廃材を譲っていただいたのですが、その中の一軒でした。

おばあさんが語る家の話は、家族の物語そのものでした。一緒に台所に立ち、ふたりで食卓を囲み、お茶を飲みながら、古い柱や梁からも人々の声や暮らしのさんざめきが聞こえてくるような気がしました。

おばあさんはちょうど今の私と同じくらいの年齢だったでしょうか。祖先と自分が長い年月を過ごしたこの家を手放し、息子さんの家に行く日が間近に迫っていました。

最初の朝、四時ころ、隣の部屋で起きる気配がし、しばらくしてテレビの付く音がしました。ふすまを少しだけ開くと、「おはようございます」というテレビのアナウンサーに、「おはようさん。ご苦労さま。今日も一日がんばってね」とおばあさんが答え、親しみとともにテレビをぽんぽんとたたいていました。

二日目の朝には、おばあさんはもうひとこと、付け加えました。「今日も一日がんばってね。私も、生きていくから」とテレビに向かって。

三週間後が家の解体でした。すべてを見届けたいと、私はもう一度、その家を訪ねました。梁一本、板一枚無駄にしないように、丁寧に作業は進められました。

ふと、気配を感じて何気なく後ろを振り返った私の目に、木の陰にたたずむおばあさんの姿が飛び込んできました。木にもたれ、木に体を支えられるようにして立っていたのです。家の最後を見守るために、息子の家のある町から山を登ってきたのでした。あれほど「私は見ないから。行かないから」と私にいっていたのに。

女優を卒業しようと決めたものの、なかなか踏ん切りをつけられずにいた私の背中を最後に押してくれたもののひとつに、この出来事があったのかもしれません。

人が暮らすということ、生きるということ、人につないでいくこと。自分はこれからそうしたことに向かい合っていきたいと改めて強く感じました。同時に、メディアとの関係の根源に、信頼とぬくもりがなければならないと、おばあさんの後ろ姿から教えられたような気がしました。

実は私にも、ここ数年、見続けている夕方のニュース番組があります。安心感のある声で事実をしっかり伝えながら、キャスターは視聴者が前向きになるような言葉をさりげなく添えてくれます。災害時や緊急時はもちろん、どんな悲惨なニュースが流れても「かわいそう、ひどい」だけでは終わらない。自分は自分のできることをしようという気持ちにさせてくれるのです。

映画でデビューし、テレビでワイドショーや美術番組のキャスターなどを長く務めさせていただいた私は、映画全盛期と衰退、テレビの曙と全盛期、映画の復活、さらにテレビの衰退と、人々が投稿した写真や動画などある意味、断片的な情報がSNSを通じ、ときにはマスメディアを超えて広まる……メディアの変遷をすぐそばで見てきました。

これからもメディアは変化し続けていくでしょう。
それでもやはり、そこに信頼とぬくもりがあってほしいと切に思います。

ところで、忙しい時代、キッチンペーパーを使っていましたが、何枚かの布巾でその用が足りることに気づいてから、近年、刺子の布巾を愛用するようになりました。

キッチンをむらなく拭き上げ、布巾を石鹸でこすり洗いして、水でよくすすぎ、きっちり絞ってぱんぱんと広げて干し、「ごくろうさま」と心の中で布巾に話しかけ、電気を消すのが今の私のひとつのルーティンです。

早朝に起きて、ストレッチをし、山歩きをするのが体を整えることなら、布巾を使うのは心を整えるものなのかもしれません。

世の中を見つめ、人に思いを寄せ続けるためにも、自分の心と体が健やかでありたい。
こんな時代だからこそ、こうした自分のルーティンを大事にしていきたいと思っています。

野の花に、人生の喜びを味わう

「社会貢献の一環として行う芸術文化支援」としてのメセナが、今、当然のこととして企業に求められています。日本においてそれを主導なさったのは、資生堂の社長だった福原義春さんでした。

企業と文化を真に結び付け、資生堂を世界的ブランドに育てた福原さんは、今年の8月30日に92年のその輝かしい人生に幕を下ろされました。

それから数日して、地下の書庫に下りていった私の目に、1冊の本が飛び込んできました。『サクセスフルエイジング対談「美しい暮らし」を探す旅人』(求龍堂)。1998年に出版した福原さんと私の対談集でした。


サクセスフルエイジング対談は、「美しく年を重ねる」ことをテーマに、様々な分野で活躍している人物と福原さんが、生き方、暮らし方、これまでの道のりなどを語り合うシリーズでした。

福原さんは、私の映画『007は二度死ぬ』や、農業や日本文化を守る活動をご存じでいらして、何よりNHK教育テレビの『日曜美術館』の私の司会に目を止められたとのことで、対談のオファーをくださったのでした。

我が家の囲炉裏を囲み、福原さんと語り合ったのは、秋が深まったころ。肌寒さを感じる雨の日でした。囲炉裏に熾した炭火がほんのりと部屋を暖めていました。

「中学生の時に柳宗悦さんの本を読み、その思想に触発されたこと」
「旅をしたくてバスの車掌を仕事として選んだこと」
「次々に壊されていく美しい古民家がいたましくて、その廃材を譲り受け、10代から馴染みのあった箱根に家を建てたこと」
「女優という職業になじみきれないものを感じてイタリアに旅した時に、マストロヤンニさんに偶然出会い、彼のように汗して演技をするまでは女優を続けようと思ったこと」
「四人の子育てを通して、食や環境の問題が身近なものになり、40歳で女優を卒業し、農村や農業を生涯のテーマにしようと思ったこと」

福原さんは名インタビュアーでいらっしゃいました。民芸、美術、音楽、食、農業すべてに造詣が深く、どんな話も身を乗り出すように聞いてくださいました。そのうえ、ご自分の経験や見識に基づいた言葉を柔らかく、ときには鋭く返してくださるので、どんどん話が広がっていきました。

「“ほんものをみなさい”と写真家の土門拳さんに教えられたこと」
「ダムに沈んだ奥三面の集落に、記録映画を撮り続けていた姫田忠義さんと3年間通い続け、村の人の話を聞かせていただいたこと。閉村の日には親しくなったキイばあちゃんと並んで、ショベルカーで家が引き裂くのを見つめたこと」
「柳宗悦さんにはお目にかかれなかったけれど、その弟子でもあった池田三四郎さんを師として慕い、年に何度も長野・松本に会いにうかがったこと。“自然は仏か、仏ではないか”という大切な問いかけを教えていただいたこと」
「花織という織物をよみがえらせた与那嶺貞さんのいう”女の人生ザリガナ(こんがらがった糸をほぐして一本にする)“という発想が今、必要ではないかということ」
「自分の手で一から米作りをしてみたくて、若狭に田んぼを求め、地元の人に手伝ってもらいながら十年、米作りを続けたこと」

気が付くと私は福原さんに誘われるように、人と出会い、ものに出会い、そうしたことに触発されて、夢中になって走ってきた自分の半生を語っていたのです。

ページをめくりながら、タイムカプセルを開けたような、不思議な感覚を味わいました。
当時、私は50代半ば、福原さんは60代後半でした。

子や孫のためにも、日本の農業にもっと光があたってほしいと切に思って活動していたころです。食料が自給できる国になってほしい。農家の人々が自信を持ち働ける世の中になってほしい…そのために奔走していた私の姿が、行間から浮かび上がってきました。

それから約四半世紀がたちました。感染症が猛威を振るい、国と国の間に新たな紛争が生まれ、食糧問題は一層、深刻さを増しています。輸入に頼る日本の食の未来も安心できる状況ではありません。

けれど、農業に関わる女性たちは確実に変わりました。自分の預金通帳を持ち、自分の考えを述べ、行動する女性が増えました。全国で、そんな女性たちが主導するファーマーズマーケットが人気を集めています。農家の女性たちが各地の魅力の伝道師となりつつあるのです。

農業だけではありません。私が箱根ではじめた古民家再生に興味を持つ人々が驚くほど増えました。古民家を家や店として生かし、町の再生の力になっている例も枚挙にいとまがありません。

志を持つ若者たちがあとに続いてくれれば、今という時代にあった方策を模索し、日本を若い力でよい方向にきっと変えていってくれると私は信じています。

これと思ったら、どんどんのめりこんでいく若き日の自分の姿に、我ながら驚きもしました。子育てをしながら、時間を惜しむように、これほど活動していたとは。若さとは前へ前へと進むエネルギーなのだとも思わされました。

民家再生や、農業の取り組みなど、時代の先取りも半歩先くらいならちょうどいいのに、ずいぶん早くから着手してしまい、誰に頼ることもできず、文字通り手探りで、ひとりで道を切り開いてきたのだとも、苦笑してしまいました。そのために遠回りもしました。だからこそ見えた風景もあったと懐かしく思えるのは、年の功でしょうか。

その日の午後、5歳になる孫が部屋に訪ねてきて「ばあば。はい」と自分が摘んできた花を私に手渡してくれました。ノコンギク、エノコログサ、ヨメナ……きれいな紙で野の花をブーケのように包んだもの。私が喜ぶと知っていて、孫はときおり、こんな風にプレゼントしてくれるのです。

「嬉しいわぁ。ほんとにきれいね。ありがとう」と抱きしめると、孫は照れたように笑って、走って部屋に戻っていきました。

ガラスの小瓶に活け、キッチンのカウンターに飾ると、窓から入る日差しを受けて、緑の葉も小さな花も笑っているように見えました。

孫が小さな手で、私のために摘んでくれた花。
人生の幸せとはこのことではないかと胸がいっぱいになりました。
そのとき、池田三四郎さんの言葉がふいに蘇りました。

「一本のネギにも大根にも、道端に生えている草にも、この世の自然の創造物のどんなものにも美があるんだ。それを美しいと感じる心があるかどうか。それが問題なんだ」

「今、あなたが歩いている道の先には必ず未来がある。あなたはそれを信じて、今まで通りに生きて行けばいい」 

その柔らかな声が耳の奥に響き、あの大きな手でそっと肩を叩かれたような気がしました。

急がない。けれど、とどまらない。
少しずつ、ちょっとずつ。
ゆっくりだからこそ見える風景を楽しみ、できることを手放さず、体と心と折り合いをつけながら、これからも一歩ずつ前へ進んでいきたいと思います。

池田さん、福原さん、そしてこれまでに出会って私を導いてくださった多くのみなさま……。お別れしたという気がしないのは、人生にはこうした瞬間がときおり訪れるからではないでしょうか。
この世でお会いすることはできなくなっても、どこかで見守ってくださる気がするのです。

ラジオに魅せられて

16歳で女優としてこの世界に入ってから今まで、ワイドショーや美術番組のキャスター、農漁村の女性たちとの活動など、様々なジャンルの仕事にも挑戦してまいりました。

そのすべてがチャンスであり、かけがえのない時間を過ごすことができたと、感謝の気持ちでいっぱいです。もちろん楽しいことばかりではありませんでしたが、ひとつひとつの仕事を通して自分を磨き、一歩一歩、成長を重ねてきたと感じています。

何より嬉しいのは、年齢を重ねた今も、ラジオのパーソナリティを続けさせていただいていることです。テレビでも映画でもなく、ラジオだということに、運命のようなものを感じずにはいられません。

といいますのも、ラジオは私にとって、もっとも自分らしくいられるメディアであると同時に、常に豊かな可能性を感じさせてくれるメディアでもあるからです。

そんなラジオの魅力に気づかせてくださったのは、女性プロデューサー・金森千栄子さんでした。

金森さんは当時、北陸放送(金沢市)の『日本列島ここが真ん中』(1974年7月~1998年10月)という番組を作られていました。新幹線が通るはるか前の時代、永六輔さんや黒柳徹子さん、宮城まり子さん、中村メイコさん、大山のぶ代さん、淡谷のり子さん、荒井由実さん時代のユーミンなどそうそうたる人たちが、東京から金沢まで手弁当で駆け付けたという伝説の番組でした。

「浜さん、よろしくおねがいします。自由に話してくださいね」と、金森さんからマイクを持たされ、ラジオカーに乗って出かけたときの、ちょっと不安な気持ちを忘れることができません。約3時間の生放送、台本もなく、どこに行くかさえ知らされませんでした。

田んぼが一面に広がるただ中で、車は止まりました。パーン、パーン。乾いた気持ちのいい音が大きく広がる空に響いていました。田んぼの向こうで干した畳を叩いていたんです。

「金沢の皆さん、この音、なんだかわかりますか?」

これが私の初ラジオ生放送の第一声でした。

そして出会ったのが田んぼのあぜに立っていたおじいさん。私がそばに行くと、おじいさんは「あ、来た来た。じゃが、わしゃ、何も話さんぞ」とにやりと笑い、近くに植えてあったネギ坊主を二つむしって耳に詰めてしまいました。

こちらが何を質問してもおじいさんは黙って、顔をふるだけ。この番組のことをよくご存じだからこそ、こんな風に私をからかって、私の出方を見ていらしたのだろうと思います。

万策つきた私は、ついにおじいさんの様子を実況することにしました。必死でした。私のレポートにおじいさんの頬がほころび、最後は私の目を見てうなずいてくれました。

ラジオでは、言葉と、言葉にこめた気持ちで、みずみずしい生のコミュニケーションを生み出すことができる。自由度が高いので自分らしさも表現することができる。けれど声だけだからこそ、自身の人間性や人間としての厚みも問われる。そう教えていただいた気がしました。

以来、お誘いがあれば時間を作り、番組にゲスト出演させていただきました。

金沢市郊外にある大乗寺に連れて行っていただいたこともありました。たどり着いた時には日が暮れはじめていて、寺の中も真っ暗。けれど、その中にちらちらと光るものが見え、私の心が躍り始めました。蛍だったのです。蛍の光に誘われ、寺を抜けると……そこには、ほの明るい庭が広がっていました。宵の透明な空の色、草の匂い、群れ飛ぶ蛍。まるで小さな旅をしたような、そんな心に残る体験でした。

ある番組で、淡谷のり子さんとご一緒したときに、たまたま『日本列島ここが真ん中』の話になったこともありました。

「あんた。聞いてよ。わたし、姥捨て山に捨てられたんだから。草ぼうぼうなの。な~んにもない海辺に、金森さん、本当にわたしを捨てて行っちゃった」

春風が吹く海辺でマイクを渡され、30分ほどひとりぼっちにされたのだとか。でもそれを話す淡谷さんの表情は笑みを含み、とても柔らかでした。そして淡谷さんはこういいました。

「わたし、あれで、息をふきかえしたわよ」

淡谷さんの独り言のようなリポートを私も聞いてみたかったと切に思いました。ライブで聞いていたリスナーは、どんな思いでラジオに耳を傾けていたのでしょう。

マイクを握り、自分と対峙することで、心を整理し、新鮮な気持ちを思い出す。リスナーはそれを追体験して、やはり新たな自分に出会う……ラジオにはこうした可能性もあるのかもしれません。

私がパーソナリティをつとめている文化放送『浜美枝のいつかあなたと』は2001年4月から始まりました。以来、「相棒」の寺島尚正アナウンサーとともに、リビングルームにお迎えするような気持ちでゲストのお話を伺っています。

これまでに本当に大勢の皆さんにご出演いただきました。有名無名を問わずその道に精通した方ばかりですので、収録前には資料や本を読みこみ、本番ではゲストの本音を引き出すように心がけ、その話の面白さと深さに驚いたり、ときには共に笑ったりしながら、たくさんのことを学ばせていただいています。

「浜美枝の良い食とともに」コーナーでは、日本の農業、日本の食を支えている方々の強い意欲と志を、一人でも多くの方に知っていただきたいと願いつつ、全国各地の農業従事者に、農業や食育の取り組みなどお話を伺っています。

そして私の楽しみといえば、みなさまの感想が綴られたお葉書やメールに目を通すこと。お会いできなくても、リスナーと、心の大切なところでつながっていると、力をいただいています。

この番組は26年目を迎えました。

人の思いやその人生までもすくいあげ、丁寧に伝えていくことができる、私の原点ともいえるラジオに今も携われていることが、本当にありがたく、ちょっぴり誇りに思っています。

『浜美枝のいつかあなたと』の放送は日曜日の朝9時半から30分間。
聞き逃したときにはRadikoでもお楽しみいただけます。

http://www.joqr.co.jp/hama/

寺島尚正アナウンサーと文化放送スタジオにて

寺島尚正アナウンサーと文化放送スタジオにて

箱根の自然に魅せられて

私が女優になりたての頃、(60年も前のこと!)ある日、芦ノ湖で一人の女性が、一本スキーで颯爽と湖を滑走するのを見てもうそのカッコ良さに夢中になりました。


私も水上スキーがしたい。でもお金がかかるんですね。私は女優になりたてでしたから、まだまだ水上スキーなどやれる身分ではなかったのです。そこで、ボート屋さんでアルバイトをして、水上スキーに熱中した思い出があります。箱根は、水上スキーに通ううち、本当に馴染む町になっていました。商店街のおばちゃんも、どこに何があるかも。

何よりもその自然の美しさに魅せられていました。「住むなら、この箱根!」と決めていました。東京での仕事を考えると「不自由よ」とも言われました。今のように”移住”という言葉もあまりありませんでした。なんと無謀なことでしょうね。

そして、失われていく古民家を再生したい…との思いもありました。ずいぶん旅をしました。古民家との出会いもその頃からでした。東北・北陸、富山や福井など、家や暮らしを訪ねる旅を重ねました。

ヨーロッパの旅の中でも、影響を受けました。がっしりとした骨格の家、暖かな木の感触、そして、ミセスたちが作ったカーテンやクッションなど、手作りの暖かさに目を開かされました。多くの人々が、何年もかけて家を自分たちで造るということも聞きました。サラリーマンが十年かけて基礎工事をやり、さらに五年かけてレンガを積み、なんてことはざらにあることを聞き、憧れました。山の中なら時間は待っていてくれる感じがしたのですね。50年前のことです。

『植物に囲まれた子育てがしたい』親も子も、穏やかな関係でいられる、そんな気がしたのです。小学校を箱根で過ごした子供たちは、おかげさまで、みんな植物好きな子に育ちました。箱根で暮らしながら、子供たちとしょっちゅう行っていましたのが、これからご紹介する「湿生花園」です。

湿生花園は、仙石原地区に位置します。この仙石原は、江戸時代「千石原」とか「千穀原」と呼ばれていました。古文書によると、慶長十六年(1611年)には五名の村人が二町歩余りの土地を耕していて、「耕せば、千石はとれる」ということが、ここの地名の由来だそうです。

今、この地に立つと、昔の人々の苦難がどんなものものだったか、千石の米を収穫することの困難さが偲ばれます。千石の収穫を夢みた人たちがいたんですね。

山に囲まれた仙石原は、二万年前は湖の底だったそうです。今は干上がった状態ですが、一部残った湿原が湿生花園として、箱根町によって昭和五十一年に開かれました。日本の湿原植物を中心に約千五百種の山野草が収集されています。川や湖沼など水湿地に生育している日本の植物や、草原や林、高山植物、めずらしい外国の山草も含めて多様な植物が四季折々に繁り、花を咲かせ、私はここにくるとえもいわれぬ「至福の時間」を体験します。

夏休みになる前に、行ってまいりました。山の花や植物を見にいらっしゃるのは殆ど、女性です。仲良しグループが、楽しそうに花と一緒に写真を撮ったり、木陰で俳句を詠んだり、スケッチをしたり、皆さん楽しそうに草原を歩いていらっしゃいます。中年のご夫婦連れ、最近は若いカップルも増えました。

今なら
シモツケソウ
ヤマアジサイ
ヒメユリ
オカトラノウ
などが強い日射しに心地よさそうに群れています。

秋になると
ワレモコウ
オミナエシ
ホトトギス
リンドウ
サギソウ
等が咲き乱れ、湿生花園全体が巨大な「寄せ植えガーデニング」のようです。


9月3日まで、園内ではめずらしい「世界食虫植物展」が開催されています。
https://hakone-shisseikaen.com/

箱根の植物は、私の子供たちの、もう一人のお母さんだったのかもしれません。

箱根に住んでよかったなぁ、と、しみじみ思うひとときでした。植物とふれあって帰る道すがら、気持が癒されているのを感じました。

素敵な”師”に囲まれて

今年の前半は、時間がいつもより駆け足で過ぎていったような気がします。この11月、私は80歳を迎えます。早いものですね。人生の様々な節目で、これまで教えや導きをくださった私の”師”は、出会いを重ねた多くの方々でした。

そして、大好きな映画や絵画、美術品などとの巡り合いにも恵まれ、それらが私の心と日常を実り豊かなものにしてくれました。振り返ってみると、特にこの3年間は感染症に注意を払いながらの”ワクワク、ドキドキ冒険”だったようです。

この春、少し早めの桜が東京に咲き始めた頃、「丘の上の本屋さん」という映画を見ました。

イタリア中部にある小さな村で古書店を営む穏やかな老人。ここで本を手にする客がどれだけいるのかと心配になるほど地味で小さな空間ですが、実は村人たちの心が通い合う大切な交流の場となっているのです。恋の悩みを打ち明ける青年。そして、国の歴史をあまり知らない若者に、もっと勉強をするようにと黙って本を手渡す店主。さらに、アフリカ移民の少年には、「読んだら返してね」と『星の王子さま』を貸してあげるのです。

その少年はある日、一冊の本を薦められます。国籍や肌の色が違っていても、人の権利や平等こそが一番の宝だと書かれた本です。次の時代に確実に手渡す必要があるという店主の信念は、本の表紙のアップで強調されました。『世界人権宣言』という書名は、文字通り、この映画のエンドマークでもあったのです。もの静かで確信に満ちた映画でした。

そして、関東各地に桜が咲き誇っていた頃、どうしても見ておきたい舞台がありました。『バリモア』、アメリカの名優ジョン・バリモアの晩年を描いた芝居で、90歳になった仲代達矢さんが8年ぶりに挑戦した一人芝居でした。

自らの思いを次の世代にバトンタッチするため、「若い人に負けてたまるか。卒寿も単なる通過点だ」と発声練習やストレッチに励み、階段の上り下りまでして体力をつけたということです。仲代さんの一人芝居は、やはり一人舞台でした。その気迫と熱気に、ただ圧倒されました。

先日、仲代さんが主宰する『無名塾』出身の一番弟子が快挙を成し遂げたことが世界的なニュースになりました。役所広司さんが主演した『パーフェクト・デイズ』で役所さんはカンヌ国際映画祭の男優賞を受賞したのです。こうして仲代さんの情熱と信念は確かに継承されていきました。

もう一つ、心ひかれた映画が『生きる』でした。映画史に残る黒澤明監督の名作を、ノーベル賞作家のカズオ・イシグロが脚色したイギリス映画です。

ロンドンでの役所勤めを無事に終え、間もなく定年を迎えようとしている主人公は、医者から余命いくばくもないという突然の宣告を受けます。大過なく人生を過ごすことを身上としてきた老紳士は、悩んだ末に一つの決断を下します。

それは、若い世代に素晴らしいプレゼントを残すことでした。部下の心に寄り添いながら、最後の夢は未来へと引き継がれるのです。歴史も文化も大きく異なる日・英の間で、人の生き方に対する考え方にすれ違いが生まれることもあるでしょう。しかし、人生へのぎりぎりの思いを突き詰めれば、互いに通じあうものが見えてくるはずだ。製作者のそんな願いが浮き出てきました。

黒澤監督の『生きる』で志村喬さんが演じた病身の主人公が一人ブランコに乗って口ずさみます。「命短し、恋せよ乙女」。英国版『生きる』の主人公の葛藤と安らぎ、そして将来に向けての夢までも重ね合わせたブランコのシーンは国や人種の違いを乗り越え、見事な感動に昇華されたのです。

そして、今年の春もそろそろ終わりを迎える時期に、恵比寿の東京都写真美術館に向かいました。土門拳さんの『古寺巡礼』展が開かれていたのです。

土門さんの写真集『筑豊のこどもたち』は私がまだ10代の頃、ざら紙に印刷され100円で販売されていました。私はそれ以来の土門フアンだったのです。土門さんに直接お会いしたのは京都の西芳寺、通称・苔寺でした。『婦人公論』に掲載される写真を撮ってくださることになりました。

土門さんは撮影に際して、ひたすら対象を見つめ続ける方のようでした。土門さんの言葉が忘れられません。空、苔、そして私をじっくり見つめ、「今日の撮影は中止。光がよくない」とおっしゃったのです。そして、「君はこれからどうするの」。私は困ってしまい、「京都ははじめてなもので」とお答えすると、「それでは、ついていらっしゃい」と、タクシーを止めました。

「これから本物を見に行くよ。モノには本物とそうでないものの二つしかない。本物を見つめていれば、本物がわかる」。

行った先は四条河原町にある骨董店の『近藤』でした。それから、近藤さんと私のお付き合いが始まり、『近藤』で学ばれた若手が、飛騨・古川で父親の経営する骨董店を引き継でいることも知りました。その後、脳溢血で倒れられた土門さんが飛騨・古川の骨董店の様子を見に車椅子で訪ねた話は感動的です。『遂に来たぞ!』。飛騨の店に飾ってある土門さん直筆の色紙には、生きることへの限りない情熱と賛歌が溢れ出ています。

映画、舞台、写真。限りある命の継承と永続性、そして夢の続きも見ることができたこの春は、とても豊かな日々でした。