私のお買い物・小田原

箱根の自宅の一角にオフイスを移して10年以上がたちました。仕事は東京起点のことが多いので、箱根からバスで下山し小田原、そして東京~地方へとしょっちゅう移動しているのですが、以前は通りすぎるだけだった小田原がいつのまにか自分の街になっていることに最近気がつきました。
160527odawara1.jpg
新幹線に乗る前には時間に余裕がある時は駅の地下街「ハルネ小田原」の『菜の花ビレッジ』に寄り道。ショップでは素敵な器やカジュアルな洋服を拝見。奥にある「ムーンカフェ」では焙煎したての珈琲の味わいはもちろん、販売されている和菓子と一緒にいただきます。珈琲を飲みながら自由に手に取れる雑誌や本・・・すべてが行き届いていて、テーブルには野の花が活けてあり、ほっと私の心をなごませてくれます。お店のお嬢さんたちの優しさも嬉しいです。お饅頭を一個だけ購入して、東京に向かう新幹線でいただくことも。
160527odawara2.jpg
一日お休みの日はキャリーバックを引いてバスで下山しやはり地下街のJAかながわ西湖直売所『朝ドレファーミ』には新鮮な野菜が揃っていますし、朝摘みたての花があります。だいたいひと束300円くらいで、自分で新聞紙に包んで持ち帰ります。庭に咲いているような花なのですごく嬉しいです。
駅の1階にあるスーパーでは地元の魚が販売され、まさに『地産地消』です。遠くからエネルギーを使い運ばれてくる海外の品はフードマイレージが先進国の中で一番の日本は考えなければいけませんね。
いずれにしても、慌しい時代には見過ごしてきた『地元の街・小田原』は歴史もあり、古い建物も保存されていて快適です。
160527odawara3.jpg
そうそう・・・あとお薦めは繁華街からちょっとはずれた国道一号線沿いにある『勝寿司』は、魚大好きな私をいつも大満足させてくれるお店です。カウンターとテーブル2つとこじんまりしたお店ですが、入り口にはご主人自らが摘んだ野の花が飾られ、店内は清潔で清々しいです。「地魚セット」が2400円。ランチなど嬉しいですね。もちろんわさびは、おろしたての本物。ご主人のお人柄もあって地元のお客さま多いのですが、近頃、観光客も増えてきました。
この頃はお休みの日はこうして地元で過ごすことが多くなりました。これなら80代になっても90代になっても楽しめそうです。そうありたいです・・・ね。

「私のお買い物・小田原」への2件のフィードバック

  1. 浜美枝様
     小田原に関するブログは嬉しい限りです。
    両親の故郷でも有る小田原。年に何回か行きますが、周りの雰囲気は余り変わって居ません。 先日の小田原のお祭りに合わせて従姉弟会を開きました。
     「西海子小路(さいかちこみち)」の風情も、小田原文学館が有ったり、好きな道です。桜の頃は素晴らしいです。早川港に行く途中の酒屋さんは、同年代の方ですが、赤毛のアンの格好をされて居て、お店のシャッターには、赤毛のアンが描かれています。アン大好きな私としては、嬉しい出会いでした。朝3時頃からお店を開けて居て、休業日は元旦だけと聞きました。「ハンカチ一杯の幸せ」が有ればと言っています。
     
     小田原の地下街もゆっくり買い物が出来ますね。来月の母の命日のお墓参りは、小田原城の紫陽花、アンさんに会える事も楽しみにしています。
      元気で80代を迎えられましたら、浜さんと、小田原地下街でお茶出来るかも知れませんね。 その時は宜しくお願い致します。 楽しみです。
      お忙しくされて居られる事と思いますが、お身体ご自愛下さいますように。
                                      郁代

  2. 郁代さん
    そうですか。
    ご両親さまの故郷は小田原なのですね。
    箱根に住み、40年がたつ私の故郷はやはり箱根ですね。
    でも、ブログにも書きましたようにその玄関口が小田原です。
    温暖な気候、優しい人々。私にとって身近な存在が小田原です。
    食べ物も豊かですし、暮らしやすい街ですね。
    最近は地域の方々は(箱根も一緒ですが)海外から訪れる
    観光客にも、その良さをアッピールしておられます。
    地方創生・・・などと声高に言わなくとも、その街の素晴らしさを
    これからも発信して頂きたい小田原です。
    そして、80代になり郁代さんと”お茶”でも小田原でできたら素敵ですね。
    お互いに身体には気をつけ日々を丁寧に暮らしたいですね。
    どうぞお元気でお過ごしくださいませ。
    浜美枝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です