8時間睡眠のウソ

8時間睡眠のウソ
~日本人の眠り、8つの新常識~
皆さまは睡眠についてお悩みはありませんか。
なかなか眠れない・・・。
睡眠がこま切れになってしまう・・・。
そうした悩みを抱えている方って結構いらっしゃるのですよね。
でも、睡眠についての研究は、この20年で格段に進歩しているそうです。
個々人によって睡眠は違うし、ライフスタイルも異なるし、現代社会では朝、夜明けと共に起き、8時過ぎには寝る・・・なんて考えられません。それにパソコンの光やコンビニの光・・・24時間光の中で暮らす都会。体内時計はどうなっているのかしら。
地下鉄などに乗ると、男女とも、こっくりこっくりしている方の多いこと。「治安がいいから安心して寝ていられるのね、日本は」などと思っていた私ですが、”目からウロコ”の本に出会いラジオのゲストにお招きし、お話を伺いました。
文筆家の川端裕人さんが、国立精神・神経医療研究センター部長の三島和夫さんからの聞き書きの形をとって、またさまざまな資料や論文をもとに上梓されました。
三島さんは、1963年、秋田県生まれ。
秋田大学医学部・医学科を卒業後、助教授などを経てアメリカに渡りました。バージンア大学・時間生物学・研究センター研究員、スタンフォード大学医学部・睡眠研究センター客員准教授を務め現在にいたります。
「新常識」
日本人は世界屈指の睡眠不足
「深い睡眠」が「良い睡眠」とは限らない
睡眠時間は人それぞれ、年齢でも変化する
シフトワークは生活習慣病やがん、うつ病のリスクを高める
日本人の体内時計は平均で24時間10分
眠くなるまで寝床に向かってはならない
「不眠=不眠症」ではない
こま切れの睡眠はNG
高齢者の睡眠は、それほど眠る必要がないのに寝床にいる場合いが多いそうです。70歳近くなら正味6時間の睡眠が普通ですが、日本の65歳の平均は9時間も寝床にいるため、不眠が悪化するとのこと。トイレに行く回数など気にする必要はなし。昼間に問題なく生活ができれば心配はないそうです。出来たらお昼寝は20分から30分以内が理想的。
 
つまり、眠れなければ、絶対ベットにいてはダメ。
辛くても、正味眠れる就床時間まで寝ない。
そうそう・・・大事なこと
晩酌と寝酒は別で、アルコールを飲んで、バタン・キューはよくないそうで、できたら4時間はあけてから寝る。う~ん、これは難しいですよね。
子育てをしながら仕事も持っているお母さんが一番寝不足で、子どもの就寝時間も遅くなる。添い寝の際、可能なら一緒に寝たほうがいい。とのことですが、これも難しいのですが、家事は少し手抜きしても睡眠のほうが大事ですよね。私にも経験があります。なんだかいつも立って寝ていたような気がしたものです。
朝起きるタイミングをきちんと合わせ、午前中に光を浴び、食事、運動が大切だと先生はおっしゃいます。
睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安心。
「睡眠薬って、日本の皆さんは怖がるんですが、1950年代から70年代に使われた古いタイプの睡眠薬は、安全性や依存に陥りやすかったが、最近ここ10年くらいに開発された薬は、長期間飲んでも、耐性、つまり効果が減弱したりすることもなく、正しいやり方をすれば不眠症が治った時に減薬や休薬することもできます。」とおっしゃいます。
「すべてを完璧にはできませんが、たったひとつでもいいから手をつけてみてはどうでしょうか」とアドバイスをいただきました。無理は逆効果ですよね。
それにしても「睡眠科学は奥が深い」です。
そして「睡眠学は面白い」です。
私は医師から処方された軽い睡眠導入剤を飲み、寝る体制を整えてから、だいたい11時にはベットに入り、5時には起床し太陽が出ている時にはしっかり太陽を浴び、軽く山歩きをしてから一日がはじまります。
とにかく三島先生のお話をお聴きください。
そして、ご興味があったらご本をお読みください。
文化放送「浜美枝のいつかあなたと」(日曜日:10時半~11時)
放送は3月16日です。
140303mrmishima.jpg

「8時間睡眠のウソ」への6件のフィードバック

  1. 浜美枝さま
    先日のラジオ収録では大変お世話になりました。とても楽しい時間を過ごせました。浜さんはとてもお若くて、お元気で、さすが規則正しい快適睡眠をとっておられる方だと感心しました(笑 今後ともご活躍を期待しております。
    若干 睡眠不足が続いている三島和夫@国立精神・神経医療研究センターより

  2. 私は若い頃から自分自身で、3時間睡眠など実験、実行してきました。
    それに、40数年長尾式催眠療法を行ってきた経験からも、すべては、その人の思い込というか意識次第と言えます。
    8時間眠らなくてはいけないという思い込みはやめることです。

  3. 初めまして♪
    父が昔 役者の道を目指していた時、ロケで船上に浜美枝さんと一緒に撮影された父の写真の表情がとても良い表情で驚きましたが、志の高い人達と好きな仕事をしている時は良い表情になるんだな~と思いました。
    当時は赤いハイエースでロケ地を巡っていましたが良い思い出のようです。

  4. 三島和夫さま
    先日は大変お世話になりました。
    誰もが興味があり、また悩んでおられるかも知れない
    ”睡眠”についてのお話、ブログへの感想もよせられました。
    放送が楽しみでございます。
    若干、睡眠不足とのこと、お忙しいお立場ですから仕方が
    ないのでしょうがどうぞ御自愛くださいませ。
    浜美枝

  5. 坂田和彦さま
    そうですね。睡眠は個々それぞれのリズムですね。
    初めて伺うお話もあり大変興味深かったです。
    坂田さんは3時間睡眠なのですか。
    私は6~7時間がベストです。運動・睡眠・食事が大切ですね。
    コメントありがとうございました。
    浜美枝

  6. 細井清彦さま
    お父さまとロケでご一緒だったのですね。
    お元気でお過ごしでしょうか。私の映画時代は40歳まで
    ですが、素晴らしいスタッフ、俳優さんたちとの思い出は財産
    です。宜しくお伝えくださいませ。
    当時、赤いハイエースなんてカッコいいですね。
    浜美枝

コメントは停止中です。