うたたねの湯・古湯温泉

佐賀市富士町・古湯温泉に行ってまいりました。
38℃ほどの「ぬる湯」が湧く、山あいの静かな温泉郷です。
110218huruyu1.jpg
旅館主、地域住民、商業者の皆さんを中心に行政も一体となり、どうしたら来てくださったお客さまたちに喜んでいただけるか、どのような「おもてなし」ができるのかを官民一体となり熱心に研究なさっています。
そんな勉強会にお招きをいただきました。
温泉地域活性化をテーマに「田舎らしさ」をアピールしていきたい。
地域住民が自主的にまちづくりをしていきたい。と、皆さん本当に熱心です。
110218huruyu4.jpg
旅館の女将会が中心となり、地域の農家と連携し「日曜朝市」も開催しています。千曲荘の若女将・岸川恵女さんは、女将仲間と市内のアロマサロンとアロマオイルを共同開発。アロママッサージの研修も終えてお客様に施術もしているそうです。
佐賀市街から30分~40分くらいで到着。
約2200年前から湯治場として栄え、画家の青木繁や歌人・斉藤茂吉らにも愛されたと伺いました。
110218huruyu3.jpg
当日は佐賀では珍しい雪景色でした。
嘉瀬川沿いに12軒の旅館があります。
15分も歩けば一周できるほどのこじんまりとした温泉地です。
110218huruyu2.jpg
古湯には「もてなしの心」がありました。
歴史も文化もあり、そして何より豊かな自然があります。
とかく日本人はもてなし下手といわれますが、この「喜んでもらえたら嬉しい」という気持ちこそ、本来日本人が昔からもっていたものではないでしょうか。
そして、今回、素晴らしい出会いがありました。
出発するまで宿でコーヒーを飲みながら話をした行政の若者達です。
佐賀市商業振興課の 田代 健二さん、辻田 朋群さん。
佐賀市保険年金課の 菅 祐亮さん
どの地域でも官民一体というのは非常に難しいものです。でも全国を歩いていて感じることは、ネクタイを外し、住民の中に飛び込み情熱をもってその町のために汗をかいている若者達が必ずいるということ。心強いではありませんか。
今回もそんな爽やかな若者達にお会いできたこと、とても嬉しく思いました。
どうぞ、これからも頑張ってください。
そして貴方達が描く「ふる里・古湯」にまた伺いたいです。

「うたたねの湯・古湯温泉」への5件のフィードバック

  1. 先日は、足元の悪い中、古湯にお越し頂き誠にありがとうございます。講演会から懇親会までととても長い時間いいお話を聞かせていただきました。これから少しずつ、地元と行政と温泉が一体となり心の故郷として頑張っていこうと思います。追伸、浜さんから、たくさんの贈り物を頂きました。笑顔と元気とおもてなしの心という大切な宝物として大切にしていきたいです。これからもたくさんのアドバイスをよろしくお願いします。

  2. 《笑顔》と《元気》と《おもてなしの心》を
    浜さんからの、《たくさんの贈り物》と捉えられてた
    若女将の感性に心惹かれました
    どうしたらたくさんの方が来られるかと云うより
    どうしたら楽しんでもらえるかということに
    取り組まれてる姿
    是非、そんな気持ちに応えるべく
    訪れてみたい場所になりました

  3. 多くの歌人も愛した温泉地。決して派手さはありませんが、何となく故郷を思い出せるような空間です.日ごろの疲れを癒しに遊びにいらしてくださいね。

  4. お久しぶりです。地震の方はいかがですか?被害はありませんか

  5. ご連絡が遅くなり失礼いたしました。
    地震の被害は箱根は少なく、ようやく平常通りに戻りました。
    予断が許さない状況は続いておりますが、そちらの皆様は
    いかがお過ごしでしょうか?

コメントは停止中です。