『愛されすぎたぬいぐるみたち』

とても素敵な本に出逢いました。

この本は持ち主に愛されてぼろぼろになったぬいぐるみの本です。何十年もいっしょに過ごすうちに、かなりぼろぼろになってしまったぬいぐるみ。”テディ”は78歳。持主の父が1歳の誕生日にもらったもので、おばあちゃんがテディーのために洋服を縫ってくれたのだそうです。

一枚一枚ページをめくると、その横に年齢やエピソードが載っていて最高年齢100歳を超えた子や、手術をされた子も。どの写真も愛おしく、幸せな気持がしてきます。数々の受賞歴のある写真家マーク・ニクソンが撮影した、60体以上の動物のぬいぐるみたち。ぬいぐるみたちが若かったころに関する話と、年をとって劣化した今の姿が結びつき、ユーモラスであり、ほろ苦くもあり、自分自身の人生に重ね合わせてしまいます。


マーク・ニクソン著  金井真弓訳 (オークラ出版)

皆さんは子供の頃はぬいぐるみ派?それともタオルや毛布派?

私はとてもほしいぬいぐるみに出逢ったのですが、買ってもらえるような家庭環境ではなかったので、小さなお店の前を行ったり来たりした子供時代。でも、聞いてください!私が大好きだった”くまのプーさん”のぬいぐるみに出逢えたのは女優になって2年目、17歳の時のこと。ロサンゼルスにディズニーがオープンした時に東宝が連れて行ってくださいました。

そこで40センチほどの大きなプーさんに出逢ってしまいました。『もう、ぜったいに一緒に日本へ帰りましょ!』といって飛行機で一緒に帰国しました。あれから60年あまり、4人の子どもたちは鼻をつまんだり、足の上に頭をあずけてお昼寝したり・・・たくさんの思い出を与えてくれました。

そして、それから旅をする度に出逢ってきた私のぬいぐるみたち。愛おしい気持がこみあげてきます。いまではいつも食事をする横の椅子にみんな座っています。そして孫たちのお相手をしてくれます。

この本の最後に自分のぬいぐるみの写真を貼るページがあるのです。どの子にしようかしら・・・選べないは、と思いつつこの本も一緒に仲間入りしています。

「『愛されすぎたぬいぐるみたち』」への2件のフィードバック

  1. 心温まります🐻
    お話を通して、美枝さまのやさしく、愛したものを大切にするお人柄が伝わってきてほんわかしました💕 kawela

    1. kawelaさん

      コメントありがとうございました。
      愛したモノたちと生涯一緒にいられるのは
      とても幸せなことですね。

      浜美枝

Kawela Borsa にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です