映画「クライ・マッチョ」

クリント・イーストウッドにお会いしたくて、取るものもとりあえず東京・日比谷に向かいました。

感染防止の態勢は、見る方も受け入れ側も万全でした。座席は十分な間隔がとられていて、一人静かに、うっとりと、そして何かを確かめるようにスクリーンを見つめ続ける中高年のファンが目立ちました。

 「クライ・マッチョ」、イーストウッドの新しい魅力が満載の映画でした。  

主人公は元カウボーイ、かつてはロデオ大会で優勝もしたスターでした。しかし、落馬によるケガや交通事故で妻と息子を亡くしたことなどで人生が暗転します。酒浸りになり、身を持ち崩してしまうのです。

そんな彼に職を与えてくれた牧場の経営者が頼みごとを持ち込んできます。その牧場主には別れた妻がいて、メキシコで13歳になる息子と暮しています。しかし、経済的には豊かでも奔放な彼女は、息子の面倒をほとんど見なかったのです。

そんな中、我が子をアメリカに連れ戻してほしいと牧場主から懇願されたのです。誘拐罪にも問われかねない危険な依頼ですが、世話になった雇い主からの願いを、結局受け入れます。

”義理と人情”でしょうか?
それとも、
”マッチョの心意気”からでしょうか?  

一人で車を運転しながら、メキシコへの旅が始まります。ようやく見つけ出した少年が、すぐに心を許すはずもありません。反発、疑心暗鬼。誰も信じられず、ただ”マッチョ”を夢見る若者と、”元マッチョ”の老人との、アメリカへ向けての二人旅が始まります。

追っ手から逃れ、出会った人たちに助けられながら、国境が近づくにつれて少年の心は徐々に柔らかさを取り戻し始めるのです。

この”マッチョ映画”では、お決まりの乱闘シーンなどはほとんどありませんでした。極めつけはエンディングです。少年はとても素敵なプレゼントを老人に手渡します。心の扉にようやく鍵を差し込んだ少年は、アメリカで自立し、”マッチョ”への道を目指すのでしょう。

そして老人はメキシコに留まり、プレゼントを大切に抱えながら思い出を語り合うことになるのかもしれません。新しい友との出会いが待っているのは、決して少年だけではないのです。きっと老人にも、心ときめく豊かな時間が待ち受けているはずですから。  

クリント・イーストウッドさん!少し前かがみで、静かに歩む後ろ姿。 ”マッチョ”なんてとっくに卒業して、とてもセクシーな91歳のあなたでした。”マッチョ”なんて、”看板に偽りあり”でしたよ。こんなにワクワクし、心温まる映画を見せていただいたのですから。 やはり、お会いできてよかった!

映画公式サイト
https://wwws.warnerbros.co.jp/crymacho-movie/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。