沖縄

このたび、沖縄県観光功労者に選んでいただき、表彰を受けることになりました。このような光栄ある賞をいただくことができたのは、よきみなさまに恵まれたおかげだと感謝の気持でいっぱいです。

沖縄は私にとって、ずっと特別な場所でした。

民芸の師と仰ぐ柳宗悦先生の、沖縄こそ理想郷『美の王国』との言葉に導かれ、初めて沖縄の地におりたのはまだパスポートが必要な時代でした。

花織をはじめとする織物、八分茶碗などの焼き物・・・・・沖縄の手仕事の美しさ、その形にこめられた人々のありように心を奪われ、以来、時間をみつけては通うようになりました。

沖縄の女性たちの明るさとたくましさを知り、仲間と呼べる友人にも恵まれました。その中でごく自然に、沖縄の事業などの応援をし、沖縄の魅力をひとりでも多くの人に知ってほしいと行動するようになりました。

今、沖縄は首里城再建という大事業を控え、さらにはコロナ禍という思いも寄らぬ事態にも見舞われています。観光功労者の表彰式は、例年、観光が最も盛り上がる8月に行なわれていましたが、今年は表彰式も中止になりました。

素晴らしい歴史と文化を持つ沖縄。
過酷な時代も乗り越えてきた沖縄。
訪れる人を魅了してやまない沖縄。

沖縄に、両手を広げて人々を受け入れられる日常が一日でも早く戻ってくることを心からお祈りするとともに、これからも私は沖縄の皆さんの心に寄り添い、微力ながらも沖縄の観光発展のために力を尽くしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です