ルネ・ラリック展

落ち着かない日々が続きますね。
早い収束を願うばかりです。

なんとなく鬱々と落ち着かないときはには、美術館にひとりで行くのがベストですが、休館のところが多いですね。

私は休館数日前のまだ人の少ない平日午前中に目黒の東京都庭園美術館に行ってまいりました。”美しいものを見たいわ”とラリック展に。

全館撮影可なのでその時の作品を皆さまにご覧いただきたいと思います。私はお気に入りの美術館をいくつも心の中のリストに持っています。

東京都庭園美術館もそのひとつ。
この建物も庭も本当に素敵です。

建物は旧・朝香宮邸で、アール・デコ様式。玄関を入ってすぐにラリックのガラスのレリーフや壁面をおおうアンリ・ラバンの油彩画、壁や天井、階段の手すりなどのモチーフの面白さ、照明器具の見事さ、窓の美しい曲線・・・建物全体が宝石といってもいいほどです。

そこで、北澤美術館所蔵のルネ・ラリック、アール・デコ時代の作品220点が展示されております。

アール・デコ時代を切り開いたルネ・ラリック(1860~1945)。

アール・デコは、主として建築と工芸とファッション、グラフィックデザインなど、ある時代のすべての造形芸術です。この美術館は常設のものだけでも十分、見ごたえがあります。

いかがですか、美しいでしょ。2時間ほど一点一点作品を拝見しているとラリックの”自然観”が感じ取れます。日本の植物をモチーフにした作品も数多く残されております。

見終わり都会の真ん中にあると思えない静けさ、庭に出ると大きな木が春の陽光を浴び、早春の庭には初蝶の舞う姿を見かけました。ほんの数時間でしたが、のどかな気分を味わうことができました。

バスに乗り、家に戻る途中芦ノ湖の向こうに”春夕焼け”が。夕空を茜色に染め、ざわざわする心を優しく包み込んでくれました。

世界中一日も早い終息を・・・と祈っております。

東京都庭園美術館
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/200201-0407_lalique.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です