玉村豊男『私の好きな、箱根風景』展

玉村豊男さんのライフアートミュージアムに”箱根風景”を観に行ってまいりました。

草や花は現物を目の前に置いて写生するそうですが、今回の箱根の風景は写真に撮りアトリエで製作したそうです。

私にはどの絵も見慣れた風景。旧街道、箱根神社の鳥居、本殿、そして、山の頂上からの湖、芦ノ湖に浮かぶ船、関所など・・・毎朝の早朝ウォーキングで出会う風景です。優しい筆致で描かれています。

元箱根の「芦ノ湖テラス」の内にあるミュージアムの名称は「ライフアート」。

玉村さんはおっしゃいます。

「その土地に生きる人々の暮らしの情景を描くことにもよるのですが、私の絵が家の中にさりげなく飾られて毎日の暮らしに少しでも潤いを与え、私自身も自分の暮らしそのものをアートとして表現できたら、と思い、美術館にこんな言葉を冠することにしました」と。

そうなのです。私も一室に玉村さんの絵を4枚飾らせていただいておりますが、パリに暮す人、野の花、ブドウ、アルルの女性。心をホッとしてくれ癒してくれる絵画なのです。

玉村さんご夫妻とはもうかれこれ30年ちかいお付き合いをさせていただいております。

1945年・東京生まれ。1971年東京大学仏分科卒業。在学中にパリ大学言語学研究所に2年間留学。通訳、翻訳業をへて、文筆業へ。エッセイスト、画家、ヴィラデストガーデンファーム&ワイナリーのオーナー。

1991年東部町(現・東御市)に移住しハーブや西洋野菜を栽培し、ガーデンの花々は四季折々美しく咲き誇っています。そして、広大なブドウ畑。最近は東御市内にワイナリー、パン屋さん、チーズ屋さんなど素敵なお店が次々にオープンしておりますが、玉村さんがこの30年間にまいた種が育ってきたのですね。

湖畔のミュージアムでこのような”箱根風景”を拝見すると自分の住む街を再発見いたします。

箱根では噴火警戒レベルが1から2に引き上げられましたが、黒岩祐冶知事は「立ち入り規制は広い箱根のごく一部。安全を最優先としつつ丁寧で正確な情報発信に務める」とおっしゃっています。

26日の箱根関所の開設400年を祝う大名行列も予定通り行われ大勢の見物客で賑わっておりました。

箱根はツツジ、石楠花が終わり、これから紫陽花の季節です。そして私の大好きな”やまぼうし”の花が全山、真っ白い帽子をかぶったように咲き始めます。初夏の爽やかな箱根に小さな旅にお越しください。

そして、玉村豊男さんの”箱根風景”に出逢ってください。

玉村豊男ライフアートミュージアム
http://www.ashinoko-terrace.jp/museum.html
4月15日~8月31日
平日 10:30~17:00
土・日・祝 9:00~17:00

入館無料・無休
バスは「箱根神社入口」下車、徒歩2分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です