映画『ヴィクトリア女王・最期の秘密』

歴史から消された、女王の感動の物語。

1837年に即位し、63年にわたって大英帝国に君臨したヴィクトリア女王。しかし、夫アルバートの死後、約10年もの間、公の場から姿を消します。

孤独な王室での生活。従僕を寵愛した逸話は「Queen Victoria-至上の恋」(1997年)として映画化されましたが、今回の映画も1934年生まれ、イギリス、ヨーク出身のジュディ・デンチが演じます。

数々の映画でアカデミー賞を受賞し、皆さんは007シリーズの”M”役でもご存知でしょうね。2005年には名誉勲位を授与されていますし、イギリスが誇る女優が見事に”ヴィクトリア女王”を、それも2度目の女王を演じています。

孤独な女王の晩年を輝かせたのは、インド人従者でした。近年になってイスラムの言語ウルドゥー語で書かれた女王の日記が発見され、これをもとに書かれた小説が映画化されたのです。

老いて孤独が深まる女王の前に即位50周年の式典に記念金貨を英領インドから贈呈役としてやってきた青年アブデュル(アリ・ファザル)彼が中々知的で長身の美男子。1986年インド、ラクナウ出身で、優しさに満ちた青年を演じています。私もひと目ぼれ。王室の作法を無視した振る舞いに周囲は反発し、女王の死後、皇太子が2人の関係を示す全てを破棄してしまったので、日記が見つかるまでこの事実は世の中には知られていませんでした。

「私は愚かな年寄り。生きている意味がある?」
「己のためでなく大儀のために生きるのです」
イスラム教徒のアブドゥルは、父を心の師「ムンシ」として慕ってきたという。
「ならば、あなたは私の先生”ムンシ”よ。」

こうして二人の絆が結ばれていくのですが、68歳の女王がまるで少女のように蘇り輝きを放つのです。笑って、泣けて、ときには茶目っ気たっぷりの女王の個性を監督が素敵に引きだします。「クイーン」を手がけたスティーブン・フリアーズ監督、さすがです。心を許し、階級、人種、宗教の違いを超え、身分を越えた絆の深さに胸が熱くなります。

この映画の見所の一つは繊細なファッション。刺繍・レース、それは見事です。そして、ロケーションが行われたところは女王の最愛の夫アルバートが設計した離宮「オズボーン・ハウス」で映画として初めて撮影が許可されたそうです。本物のもつ重量感はいっそう観る者を引き込んでいきます。実話にもとづいた作品。

女王のときめきや、人として素直に愛することの感情。人は孤独です。女王も同じ。

心をひらくこと、人生を愛おしく想うこと、信じること、いろいろ学んだ映画でもありました。2019年はヴィクトリア生誕200年にあたるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です