箱根三三落語会

落語家・柳家三三師匠をお迎えしての”箱根やまぼうし”での落語会も、今回で15回目を迎えました。

30名限定のこじんまりしたスペースでの落語会。晩秋の穏やかな日。まさに”小春日和”。日ごと寒さも深まってきた箱根ですが当日10日(土)は暖かく穏やかに晴れわたり、家の前の公園の木々も紅葉の見ごろを迎え師匠の落語を堪能いたしました。

落語家はしゃべりと仕草だけで、舞台の上にドラマ世界を作りあげるのですが、師匠が話しはじめると、登場人物の持つ空気感がじんわりと伝わってきます。その人物像、時代背景、場所の雰囲気、人々の息遣いまで間じかに感じ、かつての庶民の暮らしに思いを馳せます。

その日の演目は『風呂敷』と『笠碁』。

三三師匠は1974年小田原出身。1993年に柳家小三治師匠に入門。前座名は「小多け」。1996年5月二ツ目昇進(三三と改名)し2006年3月真打昇進。全国各地での落語会、独演会はいつも満席。私は沖縄での高座もお聴きしたことがございますが、沖縄にも熱心な落語ファンが大勢いらっしゃいます。

柳家小三治師匠の”おっかけ”からはじまり、三三師匠の高座をこうして皆さまとご一緒に聴かせて頂き、暮らしに変化をもたらしてくれます。

終わってからは師匠を囲み、湘南のフレンチレストラン『メゾン・ド・アッシュエム』のお料理をいただきながらのひととき。

毎年春と秋、2回の開催です。来年は5月と11月を予定しております。
ご興味のある方は『箱根やまぼうし』のホームページでご覧ください。

日程が決まり次第、ご案内いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です