映画 ベロニカとの記憶

1月20日から公開された『ベロニカとの記憶」』を観てまいりました。

上質な大人の映画。

監督は世界中で大ヒットしたインド映画「めぐり逢わせのお弁当」のインド・ムンバイ生まれのリテーシュ・バトラ。そしてキャストはイギリスの名優ぞろい。

私の大好きな1946年生まれのシャーロット・ランプリング。
「さざなみ」(15)でアカデミー賞主演女優賞にノミネート。
この役は彼女しか考えられませんでした。と言う監督。
納得です。

主人公のトニーを演じるのは1949年生まれのジム・ブロードベント。他にも素晴らしいキャストの皆さん。原作「終わりの感覚」は読んでおりませんが、ぜひ読みたくなりました。

原作に基づいているとはいえ、映画では他の観点が加えられています。
主人公を演じるジム・ブロードベンドは語っています。

「原作は台本を受け取る前に読みました。素晴らしい作品ですね。自分の”主観”と他者が見る”客観”にはずれがあるというテーマに惹かれました。」と。

青春時代の思い出、初恋の真実、自殺した親友。美しい青春の物語。でも残酷です。

人間って、とくに若い頃の記憶は過去を美化し、意とせずに記憶を正当化し、記憶を塗り替えてしまう側面があります。ストーリーを詳しく書きたいのですが、この映画は人生の”ミステリー”です。

詳しくは公式ホームページをご覧ください。

私自身も観終り自分の思い出の扉をあけてみました。
初恋のこと、自分自身の青春時代、そしてそれらは歳を重ねて今思うと、生きて来た時間の中でその”記憶”は正しかったのか・・・と。

『奇妙な遺品が、40年前の初恋の記憶を呼び覚ます』・・・と書かれています。でも、観終わったあとの清々しさ、そして、人生に新たな希望と輝きを与えてくれる、元気になれる映画ですし、”人生って素晴らしいものだわ”と感じさせてくれます。

そして、老いてからの”許し”についても考えさせられました。

いかにもイギリス映画ですし、インド生まれの監督は世界中で映画を製作していますが、イギリスの歴史、文化、人々の営みを知り尽くされておられる・・・とも思いました。

アメリカ映画では実現できなかったでしょう。男と女、なかなか理解し合えないけれど、いつか寄り添うことで理解できるかも・・・とも思いました。秀逸の映画でした。

映画公式ホームページ http://longride.jp/veronica/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です