愛されすぎたぬいぐるみたち

2017年もあと3日。
皆さまは今年はどのような年でしたでしょうか。
来年は優しさに満ちた素敵な世の中になることを祈らざるをえません。
今年最後のブログはたまらなく愛おしい”ぬいぐるみ”のお話です。
171229bear3.jpg
171229bear2.jpg
愛されすぎたぬいぐるみたち』[写真・文マーク・ニクソン(訳・金井真弓)]を手にした時の幸福感は言葉では表せないほどのものでした。
1ケ月ほど前のことです。表紙カバーは色褪せたクマのぬいぐるみ。ページをめくると変色したり、腕が剥がれ鼻がぺっちゃんこになっていたり、持主と一緒にお嫁入りしたり「愛されすぎた」ぬいぐるみたちは”くたびれ”すぎています。
ある日、きっかけはマーク・ニクソンが「大のお気に入りのぬいぐるみを連れてきてほしい」と人々に呼びかけました。洗っていなければいないほど、そしてボロボロであればあるほど望ましい。と。
いろいろな物語や思い出が、写真に収められ本が出来上がりました。持主の涙やよだれを吸い込み、きっと抱きしめられすぎてヨレヨレになったぬいぐるみたち。でも、どのぬいぐるみも胸をはって誇らしげです。笑いや涙の思い出がつまった文章も素敵です。今年最後の素敵な贈り物。
愛されすぎたぬいぐるみたち
何もわからなかったとき、そばにいてくれた
何があろうととも、そばにいてくれた
さんざん抱きしめられ、恐怖や希望を聞かされ、
涙や鼻水を吸ってよごれた子たち
ひとりぼっちの夜は慰めてくれた
部屋の暗い隅に怪物がひそんでいたときも
だまって見守り、いつも一緒で、かばってくれるこの子たち
手ざわりはもちろん、たちまち落ち着くなつかしいにおいもすてき
この子だけの香りをかぐと、心は安らぎ、夢の国へと運ばれる
純真な心を失ったときも、子どもの世界から大人の世界へ入ったときも
秘密は絶対に守ってくれ、見返りも求めずそばにいる
広い心の持主は、やっぱりいつもぼくのクマ
M・N
171229bear4.jpg
私が『クマのプーさん プー横丁にたった家』[A・Aミルン作/石井桃子訳(岩波書店)]を手にしたのは1962年の年末でした。最初は昭和15年に出版されたそうです。20歳少し前のことです。
171229bear1.jpg
その前に出会ったのが写真の”クマのプーさん”です。アメリカ旅行の途中に出会い、飛行機で一緒に帰ってきました。大きくて抱えきれないほどでしたが、シートベルトの上にちょこんとすわり・・・。それ以来引越しのたびについてきてくれ、4人の子ども達は鼻をひっぱったり、マクラにしたり、相撲ごっこをしたり、もうクタクタでした。久しぶりに子ども達の本棚からこの本を引っ張り出し、掃除もせずに階段で読みふけり、「プーさんと本」で今年も終わろうとしています。
プーさん!私74歳になりました。あなたと出逢ってから55年がたちました。今度は孫の相手をしてくれています。仲間のクマたちも全部アンティーク。このクマさんたちと孫と遊ぶときが一番幸せです。おままごとや追いかけっこも一緒にしてくれます。私の「愛されすぎたぬいぐるみ」です。
皆さま佳き新年をお迎えくださいませ。
今年もブログをお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です