箱根三三落語会 

150614rakugo01.jpg
秋深い、この季節の箱根の山には大気も冷たさをまして、凛とした空気の中紅葉も見ごろを迎えます。
さて恒例の柳家三三師匠の落語会が「箱根やまぼうし」で開催されます。
1933年に柳家小三治師匠に入門し1996年には二つ目に昇進し三三に改名、そして2006年には真打に昇進。
その語りは”端正”のひとこと。
若くして古典落語を語る三三師匠は進化し続けています。
人生のすべてがあるともいわれる落語の笑いの中には、人間に対する優しさのようなものがあります。だからでしょうね、大人が心から笑えるのは。三三師匠は全国を駆け巡っています。私は沖縄で師匠の落語に出会いました。ホールに笑顔と笑い声が響き渡っていました。
古民家での落語はホールで聴くのとはひと味ちがいます。
30名と限定されておりますが、お席がまだ少し残っております。
開催日時:11月18日(土) 12時から
詳しくはホームページをご覧下さい。
http://www.mies-living.jp/events/171118rakugo.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です