豊かな人生を送るヒント

主婦の友社から出ている雑誌「ゆうゆう」が創刊15周年を迎えられました。
“おめでとうございます”
50代からの女性の上手な年齢の重ね方、生き方、暮し方などを紹介してくれる素敵な雑誌です。私も時々出させていただいておりますし、暮れにはひと足早い「クリスマス会」をわが家で読者の方々とお茶をご一緒して楽しいひとときを過ごします。
今回、創刊から現在までを振り返り、人気のあった企画をピックアップし、『豊かな人生を送るヒント』として一冊のムック本がでました。
170120yuuyuu.jpg
「人生、面白がってこそ」では作家の素顔、佐藤愛子さん、瀬戸内寂聴さん、曾野綾子さん、田辺聖子さん。やはり人生の達人です。拝読し学ぶことばかり。
「50代からの友達づくり」は内館牧子さんと吉永みち子さんの対談。「私たち、性格も生活信条も違う。でも違うからこそ話していて面白い!」と吉永さん。『友達とは?』を教えてくださるお二人。私は大ファンなのです、お二人の。憧れます、こうゆう友情に。つい”おひとりさま”を怖がりすぎる・・・と内館さん。「友達はいなければ、いないでもいい」。そんなふうに思うことも実は必要じゃないかな」とおっしゃる吉永さん。お二人とも仕事を持ち、様々な人生を経験して・・・今日を素敵に生きていらっしゃいます。
「言葉が紡ぐ女優の人生」には市原悦子さん、草笛光子さん、八千草薫さん、岩下志摩さん、松坂慶子さん、浅丘ルリ子さん、木の実ナナさん、中尾ミエさん。
「生きる力が沸く 元気習慣」では私が尊敬する生活評論家、今年95歳の吉沢久子さんと消費生活アドバイザーの河部絢子さんとの対談。
「くよくよしない、ストレスをためない。きちんと食べて、ちゃんと寝ることが大事。」と吉沢さんはおっしゃいます。ある意味65歳になってから本格的に仕事に没頭できたのではないでしょうか。「基本的にはのんきな性格」だとか。でも吉沢さんの生き方には「人生のエッセンス」がいっぱい。そうですよね・・・くよくよしたってはじまりませんものね。思わず読みながらうなずく私。
「ひとり達人の極意」や、定年夫と楽しく暮す「妻の心得帳」などなど。
そして、人生を味わい深くする「映画の時間・本の時間」
私は映画の時間で出させていただいております。 
「映画の”ときめき”は、私に栄養を与えてくれます」
私が今まで10代の頃から観てきた映画。
大人の恋の気分にひたりたいとき  『カサブランカ』
青春のきらめきに再会したいとき  『追憶』
セクシーな男性に魅了されたいとき 『ドクトル・ジバゴ』
人生に緊張感をもちたいとき    『クロワッサンで朝食を』
まだまだご紹介したい映画はたくさんあるのですが・・・。
そして、感動した新作映画のお話などを昨年インタビューしていただきました。映画にたいする想いや、魅力についてなど。私は出演するより観るほうが好き(笑)です。古い映画でも何度も何度も見直すと過去の自分を振り返ったり、そのときの自分に重ねたりして毎回感動を得られます。
『ゆうゆう創刊15周年スペシャル』(主婦の友社・定価540円)  
お手にとってご覧ください。素敵な一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です