映画 「ニュースの真相」

何しろ主演がケイト・ブランシェットとロバート・レッド・フォードです。
ジャーナリストが主人公で実話が基の映画です。アメリカで現在も続く「60ミニッツ」は1968年から放送が始まり、現在も続くアメリカCBSテレビの報道番組です。この番組に長年携わってきたプロデューサーの自伝がベースです。
ブッシュ大統領(当時)の過去の軍歴詐称疑惑。番組のプロデューサーを演ずるのが、ケイトブランシェット。そして花形キャスター、ダン・ラザーをロバート・レッドフォードが見事に演じます。時は2004年、再選活動を展開中のブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑の大スクープを放ったのです。
この事件は世界で広く報道され、そのスクープがしかし一転して、誤報か?とバッシングに遭い、二人は番組から去らざるをえなくなります。大スクープから誤報とその過程を追うドラマは「ニュースの真実」とはなにか・・・を真正面から取り上げます。
孤立無援での真実への追求、あの事件にはこのようなことがあったのか、と思い出させてくれるのと、ドラマ仕立てにはなっているものの、報道陣の覚悟と良心が感じ取れ、同じ問題が生じたら日本では、このような映画がはたして撮れるだろうか・・・と考えてしまいました。
今年のアカデミー作品賞受賞作品は「スポットライト」もジャーナリストが主人公で実話が基になっています。スポットライトは新聞記者の勝利で終わっていますが、「ニュースの真実」は違います。主人公のプロデューサー、メアリー・メイプスはこのように語っています。
『ケイト・ブランシェットやロバート・レッドフォードのような俳優が、私たちを演じてくれるなんて・・・驚いて言葉もでなかったは。私はCBSという組織とジャーナリズム、そしてジャーナリストの仕事の清廉性や重要性を信じていたわ。』と。
彼女は2004年にテレビ局を解雇になってから2005年にエミー賞グレイシー賞、多くの賞において認められています。後年、本作の原作となった自伝「大統領の疑惑ー米大統領選を揺るがせたメディア界ー大スキャンダルの真実」を出版。現在は、テキサス州ダラスで夫と息子とともに暮しています。
インタビューで印象的だったケイト・ブランシェットのことば。
『男性が優位にある業界は多いと思うわ。メディアやニュース、特にテレビニュース業界は、明らかにそうだと思う。小さい男性社会ね。でも、私がこの映画で一番気にいっている点の一つは、メアリーが母親であること、あるいは女性であることに関してくどくどと言及していないことね。女性であることはこの映画の空気感の一部に過ぎないの。だって主人公が男性なら、奥さんや子供が登場したとしても、それは些細な側面に過ぎないはずでしょ?それよりだいじなのはストーリー。それをジェームズ(監督)はわかってるの。メアリーはあくまでも敏腕プロデューサーで、ジャーナリスト。実在の彼女が求めるストリーを観客に見せたいならそうするはず。彼女はもちろん女性だけどね』と。
女は度胸!と感じた映画でもありました。
脚本家 ジェームズ・ヴァンダービルトの初監督作品です。
素晴らしい映画でした。
映画公式HP http://truth-movie.jp/
160826movie.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です