【イングリッシュ・ガーデン】 英国に集う花々

パナソニック汐留ミュージアムで素晴らしい【ボタニカル・アート】の花々が観られます。
私が「007は2度死ぬ」の撮影でロンドンに滞在していた間、郊外にあるキュー植物園には何度となくも足をはこびました。世界中から集められた植物を広大な敷地内を散歩しながら、また温室の中でもみることができます。225年という歳月をかけ造園された歴史ある空間に身を置くとイギリス人の植物に対する想いが肌で感じることができます。
今回、汐留ミュージアムではキューの美術コレクションの中から”ボタニカル・アート”(植物画)が多く出品されて、その歴史を知るチャンスですし、室内調度や服飾品、日常生活に使うタイルや陶器、植物をモチーフにしたドレスなど身近に感じられとても素敵です。
キュー王立植物園は2003年にユネスコ世界遺産にもされました。
イギリス郊外などを旅すると、小さな家や邸宅など、どの家々も良く手入れされ花が咲き誇り、その美しさに見惚れます。
゙自然の美゙の庭園、庭作りはイギリス人にとって植物への夢と憧れるなのでしょうね。私たち日本人にも共通する点があります。
会場では、アネモネ、チューリップ、ザクロ、ケシ、マーガレット、ダリアなど美しい花々が咲き誇っています。またデザインが素敵です。いつの時代にも植物、花々は心を癒してくれます。
植物の世界を理解するには非常に素晴らしい展覧会でした。新橋駅からも歩いてすぐです。ほんのひととき、花々に囲まれ心を癒してみてはいかがでしょうか。
160129garden.jpg
パナソニックミュージアムの公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です