奏泉寺由子~キルトの世界展

jinzdenji.jpg
奏泉寺由子~キルトの世界展
新緑の箱根で触れる竹染めの美
念願の奏泉寺由子さんのキルト展を「箱根やまぼうし」で開催することになりました。
5月24日(日)~31日(日)
最終日16:30迄 
27日(水)休館
私の憧れのキルト・・・。
世界的に活躍しているキルト作家・奏泉寺由子(じんぜんじ よしこ)さんを知ったのは婦人雑誌でのグラビアでした。バリ島の工房で青竹から染めた真っ白な布に魅了されました。ひとくちに”白”といっても、竹染めの白には日本では見たことのない深い重なり合いの白で、いつかバリ島の工房をお訪ねしたいと思っておりました。
残念ながらバリの工房は2013年にクローズされ、現在は京都・比叡山の麓で「キッチンハウス・ジンゼンジ」で後進の指導にあたりながらも「食」を追求するギャラリーのオーナーでもあります。
海外でも多くの個展を開き、素晴らしい活動を続けてこられた奏泉寺さん。京都と自然に囲まれたバリを行き来し、バリの工房では自分で糸を染め、布を織り、作品に仕上げる。
インドネシアの島々には、古来から多様な染料植物があるそうです。そして、淡い茶に染まった絹地を幾度も洗い、太陽にかざすと輝くような白が現われるのだそうです。
そんな素敵な作品が「やまぼうし」の会場いっぱいに拡がります。そして、手づくりの温もりを感じる作品の数々。ぜひお越しをお待ちしております。
作家在廊日は5月24日と25日です。
オープニング・レセプション(24日)
奏泉寺由子×浜美枝 ギャラリートーク
土楽・福森道歩さのお料理を楽しむランチ
田嶋陽子さんのシャンソン・ミニコンサート    
申し訳ございませんが”満員御礼”となってしまいました。
若葉の美しい季節、のんびり我が家”やまぼうし”へのお越しをお待ちいたしております。
展覧会の詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.mies-living.jp/events/2015/jinzenji.html

「奏泉寺由子~キルトの世界展」への2件のフィードバック

  1. 浜様
      新緑と薫風の中の昨日のやまぼうしのイベント、堪能させて頂きました。大変お疲れになった事とと思います。
     奏泉寺さんのキルト、青竹染めに辿りついた過程、そして今、「食」に拘り、過ごされて居られる事、きっとどの道も真摯に向かわれる方だと思いました。
     福森道歩さんのお料理もとても美味しく友人達も喜んでいました。
    浜さん始め、娘さん、息子さん、スタッフの方達、本当にお世話様でした。デザートの奏泉寺さんのクッキーも美味しかったです。
     田嶋さんの歌を聴くのは、初めてでした。トークも楽しく、「サンスーシの女」は、DVDを探したいわねと友人も言っています。「愛の讃歌」 「ラストショー」は涙でした。
     同年齢の方の前向きな姿勢はとても刺激になりました。友人は又、「やまぼうし」に行きたいと言っています。
     飾らない浜さんの応対に心和むひとときでした。  そして箱根の新緑と薫風を充分に味わいながら、帰路につきました。
      本当に有り難うございました。来月はイギリスと聞いています。どうぞ気を付けられてお出掛け下さいませ。又、ブログを今から楽しみにしています。
                                  郁代

  2. 郁代さん
    昨日はご友人の皆さまで、箱根にお越しくださり
    ありがとう存じました。
    キルトにお料理、音楽とおしゃべり・・・
    皆さんと過ごした時間があっという間にたってしまい
    お別れが寂しかったです。
    楽しい一日でしたね。
    こうして”やまぼうし”での展覧会で素敵な方々との
    出逢いができること、幸せなことと感謝しております。
    今日も一日秦泉寺さんと会場におりましたが、先生の
    フアンの方々、キルト大好きな方や新緑の箱根に遊びに
    きました・・・バスからの眺めが素晴らしかったわ!と。
    また、お目にかかれますのを楽しみに致しております。
    浜 美枝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です