寒中お見舞い申し上げます。

寒中お見舞い申し上げます。
皆さまはどのようなお正月をすごされたでしょうか。
七草粥も食べ、さ~あ、今年も健康で過ごしましょう!などとつぶやいている私です。
1501071.jpg
元旦は家族で祝い2日、3日はそう・・・私にとって欠かせない「箱根駅伝」の応援です。毎年ドラマがあり若者たちの熱き思いとひたむきさには観ているこちらが勇気と感動をいただきます。
それにしても・・・今年の5区を走破した神野選手には驚きました。青山学院の選手一人ひとりが今までのマラソンのイメージを大きく変えましたね。監督は選手たちと寝食を共にし、現代の若者に理解できる指導があったればこそ、と思いました。参加した選手、それぞれにドラマがあり私たちに爽やかな力を与えてくれます。ありがとう!
1501072.jpg
そして、箱根神社に参拝。年末年始の初詣はすごい人なのです。私は毎年4日夜明けとともに静謐な中、神社へと向かいます。凍てつく芦ノ湖周辺を歩き、冬ざれの墨絵のような世界・・・。山の木々は葉を落とし、身の引きしまった空気がたまらなく好きです。
昨年71歳になったとき運転免許書を返納しました。「これからの20年は、よりいっそうスローな暮らしを楽しめばいい。旅もローカル線でいい。」不要なものを整理して、生活を縮小することで、すっきりするだけでなく、エネルギーを蓄えられるような気もします。よどんでいた空気がなくなり、新たに気が巡りだしたような気持ちがします。
1501073.jpg
箱根で静かに暮らすのが、私の幸せのひとつの形。それは確かなのですが、ただ静かにしているのを私はまだまだ望んではいないのでしょう。昨年の冬はとりわけ箱根に雪が多かったのですが、今年はどうでしょうか。でも、箱根のこの山の中に暮らすことで、光が木々の枝の間からきらきらと差込み、青空の中に雪山が白く明るく光り出すたびに、私は毎回、再生のイメージを感じます。10年後の光を目指して、再スタートしてみたいと思ったりもするのです。
1501074.jpg
“皆さまにとって今年も幸多かれとお祈り申し上げます”

「寒中お見舞い申し上げます。」への2件のフィードバック

  1. 新年あけましておめでとうございます。
    浜さんの、笑顔で、新しい年が楽しい年になるような予感がします。
    私達の干支、羊ですね。
    何回目かは、忘れたことにして!
    随分遠くの道を歩いてきたような気がします。
    そうですね、もうゆっくりと道草を楽しみながら
    これからの日々を暮らしたいものです。
    同じ干支の5月孫が誕生します。
    初孫から18年!ひ孫のようです。
    元気でいたいものです。
    今年もブログを拝見するのを楽しみにしています。

  2. 濱口静子さま
    そうですね、同じ干支なのですよね。
    そして、同じ干支のお孫さんの誕生おめでとうございます。
    じつは・・・私も同じ干支の孫が4月に生まれる予定です。
    何だか静子さんとは素敵なご縁でつながっておりますね。
    そう、のんびりと道草をしながら歩んでゆきたいものですが
    どうも私にはもう少し時間が必要なようです。
    やりたいこと、やらなければならないこと、今だから出来る事
    と夢は広がります。
    お互いに健康には気をつけてまいりましょうね。
    皆さまが読んでくださるブログは私にとってとても大切です。
    ありがとうございます。
    浜美枝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です