美食仲間のための美しいテーブル

箱根やまぼうしにて京都のギャルリー田澤とのコラボ展が9月6日から14日まで開催されます。
今は亡き田澤長生さんの審美眼にどれ程私は学んだことでしょうか。
お店に足を運びお話をうかがうだけでなく、展覧会をご一緒したり、ご夫妻とお食事をともにしたりしてまいりました。
これだけの審美眼を育ててきた人は、いったいどんなことに興味を持たれ、どんな風にものをごらんになっていらっしゃるのかしら。そうした好奇心ももちろんあります。
でも、なんといってもお二人は話し上手で仲睦まじく、温かなお人柄でほんとうに素敵なのです。”一期一会”という言葉を実践するかのように、その一瞬の出会い、一瞬の時間に、すべてを凝縮して人をもてなしてくださいます。その組み合わせの素晴らしいこと。器、ガラス、花器、花、布、料理、ワインまですべてが、田澤ワールドです。
「もっとも大切なことは、普段、日常のなかで、季節感ととりあわせを考慮して、好きなもの、とっておきのものを使うことだと思います。その上で、お客さまに喜んでいただけるなにかを考えるんです。それが楽しいですわ」と。
ギャルリーの奥のガラス戸から光が差し込み、アンティークのラリックやバカラが思い思いにささやきはじめる黄昏。一幅の絵画、あるいは音楽のような素敵なセッティングを前に、私は何度ため息をもらしたことでしょう。シャンパンをご一緒しながら、そのたびに至福の時間をすごさせていただきました。
140808tazawa.jpg
田澤さんの美意識は、優しくあたたかく、大胆で同時に繊細で、常に心にしみわたるようなもてなしの粋を感じさせえくれます。
私のテーブルセッティングは、田澤ご夫妻と出会ってから、すこし変化したように思います。それまでは、整った美しさや、しっとりした組みあわせを心がけていたのですが、”遊び” ”発見” ”感動” のようなものが感じられる組みあわせにしたいと思うようになりました。お客さまにそれを楽しんでいただけたら嬉しいなと思います。
今回の展覧会では「美食仲間のための美しいテーブル」がテーマです。
和魂洋彩を唱える美の名プロデューサー田澤さん。
秋草の花が咲き乱れる会場にぜひお越しくださいませ。
お待ち申し上げております。
展覧会の詳細は公式HPをご覧下さい。
http://www.mies-living.jp/events/2014/gallerytazawa.html
top.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です