やまぼうし

140619hakone1.jpg
140619hakone2.jpg
やまぼうしの花が満開です
箱根の山が
ふんわりと
山法師の花で
おおわれる初夏
見事な開花は
十年に一度とか
結婚して四人生んで
たちまち流れた十年の歳月
私も山法師(やまぼうし)のように
咲きたいのです
これは32年前、育児エッセイ「やまぼうしの花咲いた」という本を出したときに冒頭で書いたことばです。
箱根の森の中に家を建てて、40年になります。
“やまぼうし”は十年に一度見事に開花すると聞き、私もそうありたいと願ったことでした。今年はその十年の一度にあたるのでしょうか・・・。庭一面、箱根の山全体にまるで夏の真っ白な帽子をかぶったように美しく咲き誇っています。中央の丸い花穂を坊主頭に、4枚の白い花びらを白い頭巾に見立て、比叡山延暦寺の「山法師」になぞられたとか。中国では「四照花」。枝いっぱいに花が咲いたときの、四方を照らす様子を表現しているそうです。花言葉は「友情」。
子どもたちは次々に社会へ巣立っていきました。ハッと気が付くと60代でした。さらに、70代になった現在明日何が起きるかわからない、もしかしたら元気なまま駆け抜けていくかもしれなし・・・文字通り、まったく予想がつかない年代、それが70代です。
自分たちの時代から次の世代へ世の中が移り変わるという一抹のさみしさをふと感じたりすることもありますが、息子たちと住みはじめ、家がもう一度、若やぎ、華やぎはじめました。何百年もの間、人々の暮らしを見守ってきた柱や梁を使った12軒の家に宿っていた”木の精”がそこここに優しく息づいているような・・・そんな家での暮らし。70代に入ってからいっそう丁寧に日々暮らしたいと思うようにもなりました。これからの十年、いくつもやりたいことはありますが、もっとも心惹かれるのはやはり私の原点「本物と出会う旅」といえそうです。
人々に出会い、ものに教えられ、思索する・・・旅は私にとって学びの場。命に限りがあることを深く実感できる年齢になった今だからこそ、新たに感じたり考えたりできることがあるのではないかしら。そう信じながら、常に新鮮な気持ちで、でも無理をせずにこれからも進んでいきたいとおもいます。
この「箱根やまぼうし」はパブリックスペースとして、アーティストたちなど広く活用していただいております。そう・・・80代になったら、90代になっても皆さまを笑顔でお迎えできるよう、せっせと山歩きもいたしましょう。 やまぼうしの花を愛でながら。
140619hakone3.jpg

「やまぼうし」への5件のフィードバック

  1. こんにちは!
    浜さんの笑顔が最高のプレゼントです!
    そんな笑顔に、少しでも近づきたいと願っています。
    特に、初対面の人と、道ですれ違った時に交わす笑顔を意識します。
    私の笑顔で、ひとりでも多くの人に、しあわせな気持ちに出来る事を目標にしています。
    まずは、浜さんの笑顔で、しあわせいっぱい気分になりに、箱根に行かなくっちゃ!!!

  2. ☆のかけらさん
    こんにちは!
    箱根の山はアジサイの瑞々しい青や薄い
    ピンク色が雨のしずくに濡れ美しいですし、
    ”やまぼうし”も満開。
    自然に笑みがこぼれます。
    おたがいに”美しい笑顔”を心がけたいですね。
    浜美枝

  3. おはようございます!
    今頃浜さんは、お山の中をお散歩中ですか?
    羨ましくてため息がでます。
    長い間頑張ってこられたご褒美ですね。
    よしっ私も頑張って、70代を元気に爽やかに
    歩きます。
    そして私もきっと箱根のお宅にお伺いします。
    自分へのご褒美に!

  4. ヤマボウシ(山法師)の花言葉は知っていますか?
    「ヤマボウシ」という名前は
    花の姿が、比叡山延暦寺の「山法師」に
    似ていることが由来です。
    中央の丸い花穂を坊主頭に
    4枚の白い花びらを白い頭巾に
    見立てたんですね。
    とはいえ、本当の花は
    白い4枚の花びらのように見える
    中心の黄緑の部分になります。
    一つの花ではなく、小さな花が
    20~30個ほど集まって咲いているんです。
    秋になると、花はイチゴのような
    赤くて甘い果実となり、食べられます。
    ジャムや果実酒にも
    利用されているんですよ。
    赤く熟す赤い実が、桑の実に似ているため
    「山桑(やまぐわ)」という
    別名だってあるんです。
    白い花びらに見えるのは
    つぼみを包んでいたものが変化した
    「総苞(ソウホウ)」と呼ばれるものです。

  5. 濱口静子さま
    ブログへの投稿ありがとうございます。
    そうですね、70歳へのごほうび!・・・といいつつ自分を
    少し甘やかすことが多くなりましたが、とにかく元気で、爽やかに
    暮らす!を目標にしております。静子さんもそうなさってね。
    展覧会の時にでも箱根へはぜひお越しくださいませ。
    浜美枝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です