鎌倉路地フェスタ

鎌倉は四季折々、何度訪ねても新しい発見があり出逢いがあります。
140425kamakura1.jpg
今回はおしゃれ雑貨店からおいしい食事処など、鎌倉駅から路地マップ片手に散策し、スタンプラリーを押していただきながら楽しい一日を過ごしてきました。
140425kamakura2.jpg
7番目は娘のショップ「フローラル」では普段は英国アンティークを中心に作家ものの素敵なアクセサリーを扱っておりますが、フェスタ用に「リバティープリント・ビンテージファブリックとミャンマーの職人さんが手づくりで作ったカゴ」を出品していました。私はカゴが大好き、リバティーの布もラブリーで大好き!思わずひとつ購入してしまいました。
140425kamakura3.jpg
カフェでは美味しいコーヒーを飲み、鎌倉の路地を満喫いたしました。路地ってそこに暮らす人々の匂いがしますし、咲いている日常の花を愛でる・・・素敵な空間だと思います。
140425kamakura4.jpg
そうそう、鎌倉といえば一度はいただきたかった美鈴の和菓子。鎌倉の茶人御用達の名店で知られています。出来上がったばかりの美しい春の生菓子を買い、茅ヶ崎の息子夫婦のところに寄り、コーヒーでいただきました。
花より団子・・・ではないのですが、鎌倉の神社は花を愛でるには「花神社散策」も素敵ですね。桜が終わり今の季節ですと妙本寺の「カイドウ」、光照寺の「レンギョ」、そして4月下旬になれば安養院の「ツツジ」。浄智寺の「シャガ」梅雨どきの「花ショウブ」。大好きな光明寺の「ハス」・・・。
私の住む箱根は今、コメ桜とコブシが満開です。
いつか小さな旅、鎌倉に泊まって「早朝座禅」も経験してみたいです。
4月19日から4月29日まで

「鎌倉路地フェスタ」への3件のフィードバック

  1. アート、路地、鎌倉らしさ、暮らし、をテーマに行なわれるこちらは今年で9回目を迎える、鎌倉ではお馴染みのイベントですね。
    会場となるのは鎌倉駅周辺から小町、鶴岡八幡宮を抜けて、二階堂、浄明寺へと繋がる路地のあちこち。ギャラリーやショップはもちろん、個人宅を利用しての展示やイベント、ワークショップなどもあります。
    「女性のためのお灸講座」「ハーブの花束作り」など楽しそうなワークショップメニューもさることながら、「鎌倉野菜」「春のオーガニック和菓子」「自家製薫製販売」といった食にまつわる企画も気になります。あっちの角を曲がったり、こっちの道を戻ったり。思いつくまま鎌倉の町を歩くだけで、思いもかけないような出逢いや巡り合わせが期待できるのがこの「鎌倉路地フェスタ」の楽しいところです。
    春を探してぷらりと鎌倉を歩いてみる週末。鎌倉の新たな魅力が発見できるかもしれません。

  2. 鎌倉路地フェスタ☆アート散歩♪ 行ってきました
    どれもこれも可愛くって素敵な手作りのモノばかりでキュンキュンしっぱなしでした
    やっぱりヒトが心を込めて作ったモノてぬくもりがあって素敵ですよね
    あらためてアートは心の栄養だなぁと感じました

  3. 関あゆみさん
    鎌倉路地フェスタにいらしたのですね。
    素敵でしたでしょ!
    そうですね、手づくりのものには温もりがあり
    こちらの心が暖かくなりますね。
    「箱根やまぼうし」でも5月6日まで「カゴとお菓子とコーヒーと」
    でミャンマーのランタンバックに湘南を中心に活動している12名
    の作家さんたちがカゴのアレンジをしてくださいました。
    HPでご覧ください。
    浜美枝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です