セラピスト

うつ病患者は100万人を突破したといわれています。
今、日本には心の病で悩んでいる人が増え、誰にも相談できないという方が多いと言われています。
ラジオのゲストにノンフィクション作家、最相葉月さんをお迎えしお話を伺いました。
最相さんは、1963年の生まれ。兵庫県・神戸市出身。
関西学院大学・法学部卒業。
これまでの著書に、小学館ノンフィクション大賞を受賞した「絶対音感」、大佛次郎賞や講談社ノンフィクション賞などを受賞した「星新一 0一0一話をつくった人」、「東京大学応援部物語」、「ビヨンド・エジソン12人の博士が見つめる未来」などがあります。
この度、自らカウンセリングを受け、心の治療のあり方を綿密に記した本
セラピスト」を上梓なさいました。
私は約1週間かけてこの本を拝読しました。正直申し上げて、最初はまったく理解できず、しかし大変興味深く読み進めていくうちに今、日本には心の病で悩んでいる人が増え、誰にも相談できない方がこんなに多くいらっしゃることを知りました。
カウンセラーという人たちが何を考え、どんな風に患者さんと向き合っているのかを明らかにした一冊です。
箱庭療法、絵画療法、風景構成法・・・
河合隼雄さんを特集した雑誌に掲載されていた木村晴子さんの論文から「あなたもこの世界を取材するなら、自分のことを知らなきゃならないわね」と言われご自信もカウンセリングを受けました。
「心の治療のあり方」は簡単にはご説明できません。
自分のことってわかりませんよね。
なぜ最相さんは専門機関に通い、大学で講義を受け 「人はなぜ病むのかではなく、なぜ回復するのか」を知ろうとしたのでしょうか。
ぜひお読みください。
私の言葉の世界ではじゅうぶんにご説明できません。
ラジオでご本人の言葉でお聴きください。
カウンセリングが戦後日本に持ち込まれてから、まもなく65年になるそうです。セラピストの方々のそのご努力に心から敬意を表したいと実感した本でした。
そして・・・悔やまれることがあります。
文化庁長官でいらした、今は亡き河合隼雄先生に2度お目にかからせて頂いたのになんと無知な私だったのでしょう。
その至福の時間はあまりにも心地よく、懐の深さに甘えてしまったのでしょうね。
放送は3月30日「文化放送 浜 美枝のいつかあなたと」
日曜10時半~11時です。
ぜひお聴き下さい。
140326saishou-san.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です