片岡鶴太郎展『こころ色』

kokoroiro.jpg
箱根に一足先に秋がやってきました。
空がぐんと高くなり、朝夕はきんと涼しい・・・というより肌寒くなり、
赤とんぼがすいっと飛び始め山が燃えるような色に染まるのも間もなくです。
「この時期に箱根に泊まると、夏の疲れが癒される感じがするのよね」という声をよく聞きます。箱根の山の力でしょうか。澄んだ空気の中、大いなる広がりのある風景が人々の心身をゆさぶり、浄化してくれるような気がしてなりません。
「箱根やまぼうし」として展覧会やコンサート、落語会など皆さまにアートスペースとして本格的にご利用いただくようになって4年がたちます。
私自身、民藝に憧れ、日本の手仕事に魅せられ、多くの方々との出逢いによって、人から人へ伝えられてきた”もの”がもつ魅力に惹かれてきました。そういった意味ではこの木の空間は私自身の生きてきた証しかもしれません。
そんなスペースでの片岡鶴太郎さんの展覧会も今年で5回目を迎えます。
真摯にキャンバスに向かっている鶴太郎さんのお姿からはタレントの時とはまた違う作家としての情熱を感じます。作品のひとつひとつに生命を与え、美しい日本の文化を表現されていらっしゃいます。
そんな鶴太郎さんが本年はまた新しいテーマに取り組まれています。
「作品と映像・音楽の融合」です。
「夜桜」の可憐な花びらが、映像から生みだされた桜吹雪と共に舞い、
美しい音色が一緒に奏でられます。
初日には念願のギャラリートークをさせていただきます。
その心に秘められた”想い”をたっぷりきかせていただきます。
この秋はとっておきの箱根の空間にぜひお越しくださいませ。
秋の深まりをご一緒に愉しみませんか。
詳しくはHPをご覧ください。
http://www.mies-living.jp/events/2013/kokoroiro.html

「片岡鶴太郎展『こころ色』」への2件のフィードバック

  1. 心温まる時間をご一緒出来、有難うございました。
    あの日の感動を、うまく文章で表現できない事にもどかしさを感じます。
    本来ならば、小田原から箱根に入るのを
    今回は、熱海経由で入り、成川美術館に立ち寄り、綺麗な富士山を観てから《やまぼうし》へ行きました。
    《やまぼうし》での時間は、その行程をすっかり忘れさせてくれました。
    浜さんの素敵な笑顔に、又魅せられてしまいました。
    少しでも近づきたいです。
    次回お会いできる日を楽しみにしています。
    oeufのCD聴きながら、余韻に浸っています。

  2. ☆のかけらさん
    この度も「やまぼうし」にお越しくださりありがとうございました。
    鶴太郎さんの絵と映像、そして音楽の融合は本当に素晴らしかったですね。
    たえず挑戦し続ける鶴太郎さんには尊敬いたします。
    「やまぼうし」の空間もようやく落ち付き、大人の楽しめる
    場所になったのでは・・・と思っております。
    またぜひお出かけくださいませ。
    浜美枝

コメントは停止中です。