話す力

テレビキャスターの草野仁さんをスタジオにお招きしお話を伺いました。
草野さんはキャスター歴46年。話のベテランです。
草野さんは1944年、旧満州・新京市生まれの長崎県育ち。
東京大学卒業後、1967年にNHK入社。
NHK入社の時は記者希望だったそうです。
アナウンサーになる前、人前で話すことが好きではなかった草野さん。
まずは鹿児島放送局でアナウンサー人生が始まり「話すこと」をとことん突き詰める研究を始められ、翌年の年頭、鹿児島県知事へのインタビュー。緊張しすぎて「県民がほんとうに聴きたいこと」を聞きだせず大きな教訓を得て、そこから「話す力」の大切さを実感したのだそうです。
スタジオの草野さんは、まず相手の目をしっかり見てご挨拶くださいます。
笑顔が素敵です。
草野仁が教える「話す力」のポイント
・挨拶
 ~挨拶はなるべく自分から先に!
・謝り方 
 ~怒られたら、まず「すみませんでん」と謝る。
 ~わからないときは、「すみませんでした」の後に、「教えてください」をつける
 ~こちらが悪いときには、即刻、誠意を尽くして、心から謝る。
・苦手な人との接し方
・雑談力のつけ方
・スピーチ
どんなことでも家族で話せる環境をつける
草野さんは4人兄弟の4番目で運動が得意な青年でしたが、お父様は大変厳しく、目の上のたんこぶのように感じて過ごしていましたが、基本的に信頼感をいだいていらしたとのこと。なぜかというと「自分の話をきちんと受け止めてくれていた」と感じていたからです。真剣に考えてくれているかどうか・・・。これは人間関係でも同じですよね。
草野さんの語り口は、いつでも落ち着いていて、わかりやすく、温かみを感じます。あの「世界ふしぎ発見!」でもそうですね。
有名人のエピソードは役立ちますよ!・・・と。
・松井秀喜さん  
松井さんの言葉には「このことだけは相手に伝えたい」という強い気持ちが入っています。そうですよね、インタビューの言葉ひとつひとつ丁寧に答え人柄の素晴らしさを感じます。
・川上哲冶さん
川上さんは監督時代、インタビューにあまり答えませんでした。選手に同じ話を繰り返すと、だんだんきかなくなってきたそうです。禅を学び、禅に例えて野球の話をしたら態度を改めたとのこと。
・黒柳徹子さん
断然「雑談力」のあるかた。それは半端な勉強量ではないと、「世界ふしぎ発見」で気づかされたとのこと。
・吉永小百合さん
ご挨拶で心をつかまれたとのこと。
などなど・・・。
実は今回収録にあたって、私はとても悩んでいました。
なぜかと申しますと、もう25年ほど前のことですが、草野さんとご一緒の仕事で東北への新幹線の中でのこと。そのころの私は、仕事、子育て、家庭のことなど悩みが多く、それ程親しくはない草野さんにその悩みをお話してしまいました。それは、”暖かく包み込んでくださる”ような、お話にあったからです。
「話す力」は「聞く力」と同じなのでしょうね。
いつかはお詫びを申し上げなければ・・・と思い続けておりました。
もうお忘れかもしれないし・・・と思いながらも思い切ってお話いたしました。
「そうでしたね、お子さん時代に空襲に遭われご苦労なさったのですよね」と。
それだけでした。
私もラジオの番組でお話を聞く立場におります。
とても良い勉強になりました。
話す力」は小学館新書から。
放送は文化放送「浜美枝のいつかあなたと」。日曜の10時半~11時まで。
11月17日・24日の2週にわたり放送いたします。
ぜひお聴きください。
131025mrkusano.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です