鎌倉への小さな旅

娘のアンティークショップ 「フローラル」が箱根やまぼうしから鎌倉に移転いたしました。
鎌倉にはこれまで何回か海沿い、お寺巡り、花の季節と行っておりますが、四季折々表情の違う街との出逢いがあります。今回はあらためてショップまでの道のり、小さな旅をしてきました。
小田原から東海道本線に乗り大船へ。
車窓から見る湘南の海・・・。息子達が湘南の海近くに住んでおりますので孫と一緒に海まで散歩したり、海岸で砂遊びをしたり・・・。箱根の山では味わえない楽しみがあります。今度はさらに、その先に鎌倉が私のフィールドに入ってきました。
「私の小さな旅」は目的に直行するのではなく、寄り道から旅が始まります。喫茶店であったり、花屋さんであったり、パン屋さんであったり・・・。
けっこう嗅覚には自信があります。あまりハズレ・・・がないのです。と、いうより何というのでしょうか「ウン?何か違うな」と思ったらパス。「気になるな~」と思ったら入る。それだけのことです。では、ショップまでの短い私の旅をご案内いたしますね。
大船駅で横須賀線に乗り換えて北鎌倉を通過します。ここは以前に北条時宗が創建した「円覚寺」でお話をさせて頂いたことがございます。駅から歩いてすぐ。線路沿いを観光客の方々が散策していたり、買い物カゴをさげて歩く人、生活の香りがして好きな沿線です。
131018kamakura01.jpg
二つ目の駅が鎌倉。駅を降りてロータリーを渡り、小町通りは人・人・人。若宮大路を真っ直ぐに進み、まずは「鶴岡八幡宮」へ向かいます。
131018kamakura02.jpg
以前蓮の花の美しい時期に行ったことがあります。石段を上りお参りをし、鎌倉の街並みが見えます。八幡さまで結婚式をあげたカップル・・・素敵ですね。
131018kamakura03.jpg
そして八幡さまの真横に鎌倉彫りの『博古堂』さんがあります。もう25年ほど前でしょうか。手作りの職人さんを訪ねるテレビ番組でお訪ねしたことがあります。木と漆、使うほどに艶をおびて美しくなる鎌倉彫。私はそのときに先代に作っていただいた箱型の鏡台と手鏡は今でも使っています。深い艶が魅力的です。
131018kamakura09.jpg
そして、金沢街道を歩いていると私好みの素敵な喫茶店に出逢いました。散歩途中、喉を潤したくなりました。お店の名前は「Life」。水出しのアイスコーヒーの美味しいこと。伺うとコーヒー好きのオーナーが北海道から自家焙煎した豆を取り寄せ、専用のドリップで7~8時間かけて淹れられるとのこと。美味しいはずです。その後もう一杯、ホットコーヒー「ブラジル」をいただきました。落ち着いたお店で30分近くお邪魔してしまいました。あまり教えたくない・・・などと思ってしまいました。
131018kamakura05.jpg
金沢通りをさらに進み、美味しそうなパン屋さんを見つけました。ドイツパンの「ベルグフェルド」。クロワッサンに「二度楽しめる」と書いてありました。
「ンン?二度?帰りに買っていこう!」・・・と。
131018kamakura06.jpg
そしてちょっと手前の肉屋さんと八百屋さんの間の狭い路地を入ってすぐ右に小さなショップ「フローラル」があります。
131018kamakura07.jpg
彼女はアンティークが好きでイギリスに買い付けに行きます。
アンティーク・ヴィンテージの食器やカトラリー、ティ&コーヒーカップやグラス。世界各国の素敵な手仕事の品。アクセサリーもとても好きです。私はカップ&ソーサーを一客とトレーを買いました。トレーの刺繍の美しいこと。
やっぱり女性は”ラブリー”が好きです。
131018kamakura08.jpg
そうそう、帰りに買ったクロワッサン、サクサクとしっとりが二度味わえるのです。始めて食べた食感。娘に教えてもらいすぐ近くにフランス風のパン屋さんに寄り、やはりパリ風のクロワッサンを一つ買いバスに乗って(バス停は岐れ路”素敵な名前ね。)帰路につきました。
鎌倉にいらしたら「FLORAL」フローラルにお立ち寄りください。
小さな・小さな可愛いショップです。
電話0467-91-5181
OPEN 11:00~18:00 
火曜お休み
詳しくはHPをでご覧ください。
http://www.floral-antiques.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です