「藤井勘介・藤井蓮 父子展」へのお誘い

箱根の我が家「やまぼうし」で7月20日(土)~ 28日(日)まで素敵な展覧会が開催されます。そのお誘いです。
5年ほど前に、ばったりと新幹線の中で片岡鶴太郎さんにお会いしました。
「浜さん、箱根のご自宅にかかっている絵は藤井勘介先生の作品ですか?」とおっしゃられました。
私が藤井先生の作品ですとお答えすると「そうですか、僕もとても好きなのです。野菜など描かれた絵の中に、エネルギーがあり、繊細で、多彩な画材使いと技法はとても勉強になります。」と鶴太郎さんはおっしゃいました。
それがご縁で鶴太郎さんにも我が家で1年に1回展覧会を開催していただくようになりました。
藤井勘介先生の作品は「くつろげる」絵なのです。
野菜も花も・・・その作品の前にたつと、ゆったり休息できる、のびのび
過ごすことができる・・・そんな作品ばかりなのです。
我が家の広間には藤井さんの作品の数々を飾らせて頂いております。
先生の描く野菜には「命」が、花には「温もり」があり、古民家の我が家が優しさに包まれます。
今回も新作を描いていただいております。
ご子息の蓮さんの作品も楽しみです。
初日の7月20日(土)は勘介先生、蓮さんと私がご一緒に”ギャラリートークをいたします。詳しくはHPをご覧ください。
http://www.mies-living.jp/events/2013/fujii.html
ぜひお越しをお待ちいたしております。
箱根の山は、あじさいの花がさみだれに濡れ、紫の深まる季節です。
たまにはのんびりと緑の匂いを楽しんでくださいませ。
blog400.jpg