近畿大学

「近畿大学・総合社会学部」で、客員教授をつとめさせて頂き、明日から始まる授業で4年目を迎えます。
「自分らしさの発見~暮らし・旅・食がもたらすもの」というテーマです。
まず、私が学生にはじめに話したことは
「机の上の学問だけでなく、現場に赴き、この目で見、
耳で聞き、肌で感じながら多くのことを学んでほしい」
ということです。
それは、私自身がそうして人生を歩み、学んできたからです。
「大地を歩き、人に出会い、話を聞き、語り合い、その中から見えてくる
切実な現実から導き出された問題解決にこそ、真の力が宿る」と。
キャンパスを港としてフィールドワークにでかけましょうよ。
そして、この3年間それを行動に移してきました。
三重県・答志島の寝屋子制度。
120713toushi2.jpg
120713toushi3.jpg
若狭・三森の我が家での2泊3日の合宿。
kindai.jpg
参加した生徒のレポートでは
「多くの知識を学んだというよりは、本当の自分の肌で
「自然の大切さ」みたいなものを感じることができた」
「囲炉裏や縁側があって、昔は当たり前だったのに
少なくなっているのが寂しい」
「専業農家の話を直接聞き、新規参入した若者に話しが聞け、
都会暮らしの自分たちには「農・食」は遠い存在だったけれど、
TPPの意味、など大切なことだと感じた」
「大学の4年間で、私は地域経済をどのようにすれば
活性化できるのか、経済がなりたつ農山漁村のことを学びたいし、
やはり現場を歩く大切さを実感した」
等など様々な感想が寄せられました。
農業にはまったく縁のなかった彼ら。
日本の社会は全体が大きな転換期を迎えています。
人びとを支えている歴史、風土、地域共同体のありよう。
同時に、それらを通して自分が見えてくること、
自分が何を大切にし、何を美しいと感じ、何を求めて生きているのか。
人は一人で生きているのではない、多くの人に支えられて生きているのだということを、常に感じてほしい。そして、生きる力を育んでほしい。
食・農・に関心が薄い・・・といわれる大学生。 
でも、私の実感としてはそのような環境に恵まれていないだけで、彼らは生きることに一生懸命です。
IT時代で、人と人が目を合わせて語ったり、笑ったりするコミュニケーション力が不足しているだけ。失敗しても試行錯誤を繰り返しても、またいつからでも人は立ち上がることができる。そうした健やかな心を支え、育ててくれるのは、人と人の温かい絆が生まれる現場。
大学を卒業すれば、多くの学生さんは社会にと羽ばたいて出ていきます。
だからこそ、どんなこことがあっても、いつも心に希望を抱き、前に進んでいける、しなやかな心と知性を、大学で身につけていただきたいと私は願っています。
私が講義を担当させていただくのですが、学生たちとのやりとりを通して、「私もまたもう一度学び直すことができるのではないか」・・・とわくわく胸をときめかせています。
残された1年、楽しみながら頑張ります。