レ・ミゼラブル

皆さま
年の瀬を迎え、何かとご多忙のことと存じます。
大掃除も終え、テレビの映像で観る北国の冬ざれの様子に、冬の長い雪国の友を想います。荒涼とした雑木林、雪深い中で息をひそめ、春を待ちます。
思いたったように映画を観に東京に行ってきました。
「レ・ミゼラブル」です。
20年ほど前にロンドンでの舞台を観ております。
仏の文豪ヴィクトル・ユゴー大河小説を、1985年にロンドンでミュージカル劇になり大ヒットした作品です。監督は『英国王のスピーチ』でアカデミー監督賞受賞のトム・フーパーが映画化しました。
ひと言。
胸を打たれ、音楽の持つ力の凄さ、キャスト、スタッフのアンサンブルは見事としか言えません。心の奥深いところを、生と死、革命、格差社会、自己犠牲などを捉え、現代社会においても共通する部分があり、共感できるのかも知れません。映画ならではのリアリズム。役者の歌は現場で収録されているから尚更リアルに感じるのでしょう。
時代を超え、多くの人々に愛され続ける理由は何でしょう?
というインタビューに
主役のジャン・バルジャンを演じたヒュー・ジャックマンはこう答えています。
「人間の魂が持つ真の強さと美しさを謳っているからじゃないかな。繰り返し訪れる苦難にあえぎながらも、そこに自分の強さと世の善を見出そうとするキャラクターたちの姿を通して、人間の素晴らしさと魂の底力を感じ取り、勇気付けられるんだ。彼らは挫折しても、決して諦めず前に進んでいく。」・・・と。
今年最後の映画に満足しました。
どうぞ皆さま良い新年をお迎えくださいませ。
miserables.jpg