浜美枝のいつかあなたと ~ ミッキー・カーチスさん

文化放送「浜 美枝のいつかあなたと」(日曜10時半~11時)
素敵なお客さまをお迎えしました。
今回のゲストはミッキー・カーチスさんです。
自叙伝『おれと戦争と音楽と』(亜紀書房)が発売中です。
ミュージシャン・俳優として活躍されているミッキー・カーチスさんは1938年のお生まれ。幼少期を上海の租界で過ごし、1945年、第二次大戦の終戦とともに帰国。
15歳のころからカントリー音楽の演奏で舞台に立ち、米軍キャンプ廻りなどもされました。1950年のロカビリー・ブーム以降さまざまな分野で活躍されてきました。
スタジオに現れた彼は黒のセーターにおしゃれなジーンズ姿。胸には多分ご自身が制作なさったペンダント。73歳・・・なんて信じられません!スタジオには奥さまの陽子さんとご一緒でした。
彼女の姿がちょっと見えないと「うちの奥さんどこに行ったの!」と。愛妻家なのですね。
本の表紙には『明日のことは考えてもしかたない 今夜死ねば、明日はない 人生 ダメでもともと』と書かれています。
幼い頃の「アイノコ」ミッキー時代。たくさんのご苦労があったことでしょう。戦争が日常にあった時代。それでもお母様の百合子さん(リリーさん)は当時はめずらしいバイリンガルで、平和主義者で、なぜあの明るさを通してこれたのかは謎・・・とミッキーさんはおっしゃいます。
詳しくはぜひラジオをお聴きください。
(放送2月26日日曜10時半~11時)明後日です。
私も同時代を共有させていただいた世代です。
皆さまはいかがですか?
あの有楽町の「日劇ウエスタン・カーニバル」にはいらしたかしら?
ロカビリーブーム、鮮烈な印象として私の青春時代の思い出です。
もちろん女優時代ですが。
そして、「東宝」と会社もご一緒でしたが、なぜか共演は一本もしていません。
1950年代後半から60年代前半の日本は高度経済成長期。
なにもかもがめまぐるしい程変化した時代でした。
そして「ベトナム戦争」
「音楽の力」についても語っていただきました。
反戦ロックや反戦フォーク、デモ・・・。
「自分達の音楽で変えられると思った」・・・と。
結局紛争のない世の中にはなっていないのですね、いまだに。
それからの彼の人生が素晴らしいのです。
私には少しだけ分かる気がします。
「自分のことを誰も知らない世界へ行きたい」
そこから人生の旅が始まります。
『いつまでも不良として生きたい』とおっしゃいます。
窮屈な現代社会の中で、若者たちに圧倒的な人気を得ています。
「最近は子供からも”カッコいいジ~ジ”なんて言われていますよ(笑)」ですって。
ラジオと本であなたも私と同世代でしたら、ご自分の青春時代を思い出してみてください。胸がキュンとし、自分が愛おしいと思うはずです。
素敵な出逢いでした。
120224MrMickey2.jpg
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=bloghamamiejp-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4750511293&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr