浜美枝のいつかあなたと ~ 山本一力さん

文化放送 「浜 美枝のいつかあなたと」(日曜10時半~11時)
お客さまに小説家の山本一力さんをお迎えいたしました。
山本さんは1948年、高知県・高知市のお生まれ。
家庭の事情で中学3年の春に上京、新聞配達員をされながら中学・高校を卒業。旅行代理店、広告制作会社、商社勤務など10回以上の転職を経たのち、49歳で小説家デビューをされました。
2002年に「あかね空」で直木賞を受賞。
主に時代小説の分野で数多くの作品を執筆されています。
江戸時代に暮らした人々を、そこに暮らしている息吹が感じられ、
私は山本一力さんのファンです。
このたび、書き下ろし長編小説「ジョン・マン 波濤編」(講談社)が発表されました。
幕末の土佐に生まれ、14歳の時、小船で漁にでて遭難。アメリカの捕鯨船に救助されアメリカ本土に渡り10年後に日本に帰国。紆余曲折の人生。山本さんはその万次郎が上陸したアメリカ・東海岸の町をご自分の足で歩き、取材をなさいました。
「その場所に立ち、空気を吸い、風を感じ、捕鯨の町の匂いを感じました」と。
私は万次郎の家族、とくに母への思いを募らせるところなど、胸が熱くなりました。
今回は2本分の収録です。
1本目は「ジョン・マン」を中心にお話を伺い、2本目はご自身の足跡や、「いまの時代」に対するお考えをうかがいました。
スタジオでは身を乗り出すようにお話しくださいました。「年を重ねることはかっこいい」と仰っしゃいます。どんなに人生辛くても「次の日がくるのが楽しみだった」との言葉には、当然、不安な日々も多かったでしょう。
私もよく分かるのです。家庭の事情で進学を断念し、中学卒業後バスの車掌になり、その後女優の道へと進みます。
5歳の頃にはごはん炊きができて・・・
でも、かまどのオレンジ色の炎を見つめていたとき、唐突に泣けてきました。
おいおいと泣いたのです。
なぜかその底知れない哀しみを、よく覚えているのです。
そのとき自覚はなかったけれど深い深い寂しさのようなもの。
「明日が、楽しみ・・・」と自分に言い聞かせ。
番組の中では60代前半の山本さんは、次の世代に「生きる姿勢」を見せたいとおっしゃいます。日本は(大震災からの復興など)底力をださなくてはならない状況にあります。
『江戸の人々に学ぼう』ともおっしゃいます。
素敵なお話を伺いました。
ラジオで是非お聴きくださいね。
(放送・6月19日と26日)
110610MrYamamoto.jpg
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=bloghamamiejp-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4062167697&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

「浜美枝のいつかあなたと ~ 山本一力さん」への2件のフィードバック

  1. 30年近く前に、婦人雑誌で拝見した
    浜さんの、古民家暮らし
    当時ではとても目新しい発想にただ憧れを抱いただけでした
    子育てや生活の変動に振り回され
    いつしか忘れていましたが
    年を重ねたご褒美でしょうか
    再び、浜さんにお会いできました
    ホームページで!ですが・・・
    年を重ねる喜びを教わっています
    うまく言葉で表現できない所を
    浜さんが表現してくださってします
    いつもありがとうございます
    《箱根やまぼうし》は
    又行きたいと思わせてくれる所です

  2. ブログへの投稿ありがとうございます。
    ここ、箱根は間もなく あじさいが咲き、日ごとに紫の
    深まる季節を迎えます。
    子供たちは大きくたくましく成長し、わたしの手元から
    飛び立っていきました。
    この頃は自分の心がつき動かされるほうに仕事を選択
    していく傾向も増えてきました。
    ”人に逢う”・・・仕事であろうがなかろうが、私はこれが
    とても好きです。
    お逢いした人から多くのことを教えられ、そこからまた、
    人の暮らしの深遠をたずね、好奇心は際限なく募ります。
    お元気で!

コメントは停止中です。