67歳の誕生日

奈良を旅してまいりました。
賑わう奈良の街から離れたところにある奥深い山と渓谷に囲まれた室生の地、女人高野・室生寺。かつて土門拳先生が1ヶ月近く、雪舞う室生寺を撮影するために逗留した橋本旅館の前を歩きながら・・・想いました。
「魅かれるものに魅かれるままジーッと眺める。モノを長く眺めれば眺めるほど、それがそのまま胸にジーンとしみて、僕なりの見解が湧く」
(私の美学・あとがきより)
先生はどんな思いでシャッターをおされたのでしょうか・・・。
101126nara1.jpg
奈良から桜井、そして近鉄(大阪線)で室生口大野へ。
バスで15分ほどで室生寺へ到着します。
大自然と調和して、いつ訪れても四季おりおり移ろう佇みの美しさ。
楓の紅葉や銀杏の黄葉が深山の緑に錦を織り、夏に訪ねた涼風とはまた違った室生寺。
101126nara2.jpg
石段を上ると金堂(平安初期・国宝)へ。一本造りの御本尊、釈迦如来立像(平安初期・国宝)、薬師如来像、そして地蔵菩薩像。檜皮葺きの屋根、朱塗りの柱や白壁の五重塔(平安時代初期・国宝)が私を迎えてくれます。
私のもっとも好きな客仏の釈迦如来坐像が静かに・静かに佇まれており、じっくり対話ができました。
幸せな67歳の誕生日。
限りある命であることを正面から受け止めなくてはならない辛さもあるでしょう。でも、そうした孤独もつきつめていくと、その奥には、生きていることに感謝する気持ちが隠れているのですね。私は奈良の旅でそれに気づいたとき、それまでよりもいっそう、人が恋しくなったような気がします。
なにごとも、いいことだけではなく、悪いことだけでもないということなのでしょう。自分の生命を丸ごと慈しみ、おもしろがり、楽しんでいきたいと思っております。

「67歳の誕生日」への6件のフィードバック

  1. こんにちは。浜美枝さまの素敵な文章を拝読し心和らぐ思いです。
    オーストラリアシドニーに在住し、もう6年でしょうか。ひさしぶりに日本人のやすらぎを感じ感謝しております。こちらの法学大学院と日本の法学大学院を卒業し最近独立した法律関係のビジネスコンサルタントをしています。
    こちらの友人から「あなたの名前はOO7の浜美枝さんと同じですね」といわれました。実際は父方と母方の祖母から1文字づつ名前をゆずられたとも聞いていますが、年代的にも私の両親が「浜美枝さん」よりいただいたのではないかと想像しております。
    今回初めてWEBに訪問させていただきました。今後も素敵な毎日をご紹介いただけると幸いです。
    ちなみに。。。左側のMie’s livingの下なのですが、「あたな」になっております。ご連絡まで。
    今後の更なるご多幸とご活躍を楽しみにしております。
    鶴美枝

  2. 家森先生のフォーラム、最前列で聞かせて貰いました。”輝く女性力”アピールの強い素晴らしいキャッチですね。私よりも2~3歳年長のようですが、あなたの発言は随分インパクトがありました。アンギャルさんもなかなか良かった。ただ、渡邉あゆみはよくしゃべるけれど、ちょっとでしゃばりすぎのように感じました。
    それはさておき、私どもNHKカルチャーで、講師をしてもらえないでしょうか。タイトルは、”ほとんどのケース”OK.ぜひよろしく。

  3. 鶴 美枝さま
    オーストラリア・シドニーからのお便り有難うございます。
    そちらは日本と反対の季節ですよね。
    私がオーストラリアを訪れたのは、ナンと40年前のことです。
    そんなに月日が経ってしまったのですね。
    穏やかな人柄の方々ばかり。
    水上スキーをしたことを覚えております。
    楽しい思い出です。
    それぞれの国に文化がありますわね。ブログを通じて日本の
    素晴らしさを知っていただき嬉しいです。
    美枝さん!
    何だかとても嬉しいです。

  4. フォーラムにご参加くださり有難うございました。
    「明日へかける希望と情熱」についてお話させて頂きました。
    いくつになっても輝きつづけるためには、希望と情熱をもち続けることですね。
    仕事に関してはHPにアクセスして担当者にご連絡をお願いいたします。

  5. 浜 美枝 様
    初めてこちらのWEBサイトに初めて訪問させて頂きました。私は、ロンドンに住んでいるのですが、今夜こちらのテレビ放映で、007は二度死ぬの放映をしており、浜さんのこちらのサイトを発見し、拝見させていただきました。昔から変わらぬお美しさ、ため息が出ました・・。
    つい数ヶ月前の9月にロンドンにいらしていたそうで、ピーターシャムナーサリーは私も大好きで、たまに行きます。もしかしたら偶然お見かけしていたかも?!丁度先週もお茶をしに行って来ました。クリスマスのお飾りがたくさん、とても素敵でしたよ。いつでしたか、浜さんがテレビで、骨董の焼き物を大事にしまうだけでなく、実際使って、たとえ欠けてしまっても、それもまた美しいというようなことを仰っていて、私も同感であります。また、遠い故郷、日本の美しさを感じられる、こちらのウェブサイトに遊びに来たいと思っています。

  6. まきこさま
    ロンドンよりようこそ私のWEBサイトに。
    この季節のロンドンはクリスマスのイルミネーションでさぞ美しいことでしょう。
    ロンドンには「007は二度死ぬ」の撮影で7ヶ月近く滞在したことがございます。
    ハイドパークスクエアーの近くでした。楽しい青春の1ページでもありました。
    9月に1週間ほどイギリスにまいりました。
    特に私は田舎が好きです。素敵なレストランもあるし・・・。
    では、時々覗いてください。
    お元気で!

コメントは停止中です。