浜美枝のいつかあなたと ~夏木陽介さん

浜美枝のいつかあなたと(文化放送日曜10時半~11時)
今回はお客さまに俳優の夏木陽介さんにお越しいただきました。
夏木さんは1936年、東京のお生まれ。東宝からデビューをされました。
「密告者誰か」「用心棒」など数多くの作品に出演。
70年代にはテレビドラマの「Gメン75」にながらく出演されました。
現在、講談社から夏木さんの足跡を作家の轟夕起夫さんがまとめられた自叙伝「好き勝手 夏木陽介 スタアの時代」が発売中です。
スタジオにお入りになった瞬間「懐かしいね!浜さん」・・・とお声をかけてくださいました。そう、私は夏木さんより2年後輩にあたり青春時代を東宝撮影所でご一緒させていただきました。1961年に公開された「ゲンと不動明王」という作品で恋人役を演じました。監督は稲垣浩さんでした。
当時のエピソードを語ってくださいましたし、1950年代から60年にかけての映画界のお話も私の知らないことばかり。撮影所の真ん中に噴水があり、お昼休みになると俳優さん、女優達がおしゃべりなどしている横を原節子さんが横切っていらっしゃるのです。「オーラがありましたね」・・・と。
三船敏郎さん、先日、お亡くなりになった小林桂樹さん、加藤大介さん、加山雄三さんや司葉子さんなど、日本映画の黄金時代でした。私はもっぱら植木等さんなど「クレイジーキャッツ」の皆さまとの共演が数多くありました。
黒澤明監督の「用心棒」の撮影中のエピソードや数々の巨匠たちとの仕事。そして三船敏郎さんや巨匠たちとの永遠の別れ。貴重なお話を2回にわたり放送いたします。(11月14日、21日)
どうぞお楽しみに!
101022MrNatsuki.jpg
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=bloghamamiejp-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4062165112&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr

「浜美枝のいつかあなたと ~夏木陽介さん」への3件のフィードバック

  1. コモ・レ・パ?を見て、プレゼントに夏木さんの本があったので、応募しました。高校時代「青春とは何か」に夢中になっていたからです。写真を見たらすっかりいいお爺ちゃんになってしまって、ちょっとビックリ。
    このブログに入ったのは、「箱根便り」で浜美枝さんが多摩川の近くにいらっしゃったとか、どのあたりに暮らしていらっしゃったのですか?私は調布市に住んでいます

  2. お便りありがとうございました。
    夏木さんとは青春時代の仲間。
    本当に懐かしかったですし、本を拝読するとあの時代背景が
    よく分かり50年の月日を思い出します。
    私は多摩川のすぐそば宮内中学に通っておりました。
    バスの車掌時代は川崎から溝口までの腺も乗りました。
    冷え込んでまいりました。
    お風邪などお召しになりませんように。

  3. お返事ありがとうございます。今日までお返事があること気が付きませんでした。宮内中学校というのは川崎なのですね。私もすっかりおじいちゃんになってしまいました。今後一層のご活躍をお祈りしております。

コメントは停止中です。