イギリスへの旅 ~ Part1

イギリスへ行ってきました。
今回は友人の天沼寿子さんと娘の3人旅でした。
「箱根やまぼうし」が秋からオープンする小さな「アンティークショップ」に置く商品を見つけに。私はもっぱら観光。娘は「デポー39」を長年経営していらした
天沼さんに教えていただきながらの商品選び。
100827england1.jpg
ロンドンから100キロあまり、約2時間で行ける田舎町。
RyeとPetworthに行きました。
英国の魅力はなんといっても大自然に囲まれた田舎が美しいですね。
Ryeは中世の街に迷い込んだような佇まい。
レンガや木組みの家々がならび、窓には美しい花が咲き、本当に素敵。
もう、町全体がアンティーク。
高価な骨董品ではなく、どこの家でも使われていたような品々。
娘は一点一点、丹念に探していきます。
ライ・・・。愛らしい名前にふさわしい町でした。
Petworthは2,30分も歩けば町を一巡りできる小さな小さな美しい街。
ヴィクトリア時代のカップ&ソーサーやリネン、アクセサリー、
彼女は古い本も買っていましたっけ。
100827england2.jpg
100827england3.jpg
「もっぱら観光」・・・なんて言っていた私。
やはりアンティークを目の前にすると心がトキメキます。
丁寧にひとつひとつの物を大切に後世に残すイギリス人のアンティーク
に対する想いを感じた旅でもありました。
イギリスは私にとって思い出深い街でもあります。
来週はロンドンをご案内いたしますね。

「イギリスへの旅 ~ Part1」への2件のフィードバック

  1. 何て嬉しいニュースなんでしょう?!
    アンティークショップのオープンは秋のいつごろでしょうか?
    10月30日に
    【和の香りの講座】に参加しますので
    間に合うと嬉しいです。
    何か記念になるものが見つかりますように・・・
    箱根にも宿泊して
    素敵な箱根の時間にしたいと思っています。

  2. コメントありがとうございます。
    今回の旅は久しぶりのバカンス気分でした。
    「やまぼうし・アンティークショップ」(まだ正式な名前は決まって
    おりません)のオープンは十月初旬を予定しておりますので、
    お越しになられる頃はオープンしておりますのでお楽しみに。

コメントは停止中です。