奥入瀬渓流

先週は「サントリー・セサミンE」のコマーシャル撮影で青森県南部地方のロケに行ってきました。
築130年以上経った家で、今でもそこに暮らしておられる家をお借りしての撮影でした。黒光りする柱・梁、そして八甲田山を遠く見ながらの美しい風景。
そこでの人びとの暮らし、伝統料理。昨年は美しい棚田の風景の中でのロケ。どんなコマーシャルになるのか・・・楽しみにしていてくださいね。
100507oirase01.jpg
小雨が降る一日、休日となったので以前から憧れていた「奥入瀬渓流」の川沿いを十和田湖まで歩いてきました。渓流沿いにはいくつもの滝があります。雲井の滝、銚子大滝、そして阿修羅の流れの美しさ・・・雨も上がり渓流沿いには車道とともに遊歩道が整備されているので楽に歩けます。奥入瀬渓流は青森県十和田市十和田湖畔子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14kmの渓流です。十和田国立公園に属し国指定の特別名勝及び天然記念物。
100507oirase02.jpg
そして十和田湖では「湖上遊覧」も楽しみました。陸からではなく湖上から見る美しい風景。西湖、東湖をゆっくり50分かけての素晴らしい旅。十和田湖は、典型的な二重カルデラ湖。周囲は約46km、最も深い所で326m。水が澄んでいました。豪快にして繊細、初春の彩りは格別でした。きっと四季折々素晴らしいことでしょう。
そして箱根に戻り、芦ノ湖の周りを今朝も2時間ほど歩きました。
“水”のある風景は心を癒してくれます。

「奥入瀬渓流」への1件のフィードバック

  1. 最近浜さんの映画を拝見することが多く(「目白三平シリーズ」他)、初めてコメントさせていただきます。墨田区にある都立高校の教員です。
    四月より近畿大学で授業をもたれるとのこと、現場の大切さという言葉に共感しました。最近の若い人は、断片的な知識に過剰に詳しくなるため、大きなかたちや構造を把握する力に、欠けているような気がいたします。浜さんの長年かけて、現場を回った蓄積が、近畿大学の学生たちに、熱いメッセージとなって伝わることを祈っております。

コメントは停止中です。