亜麻の花咲く里づくり

10月下旬、北海道当別町に行ってきました。
この町は札幌都心部から約15~25kmに位置しています。当別町では、明治初期より始まった亜麻の栽培が、化学繊維の普及により除々に減少し、やがて姿を消してしまいました。その美しい景観をもう一度取り戻し、地域の活性化につなげようと復活に取り組んでいます。
(亜麻とは、中央アジア原産でアマ科の一年草のこと)
約40年も栽培が途絶えていたこともあり、亜麻の栽培方法の研究から始まり、海外の文献などを参考に試行錯誤を重ね、8年目の現在は約8haの作付けをするまでになりました。生産者の輪も広がり、商品開発も進み、フォトコンテストや亜麻まつりなどで町は賑わいます。亜麻の種子から抽出される「亜麻仁油」は身体によいといわれています。
091127toubetstu0.jpg
初夏には薄紫の亜麻の花が咲き乱れ、収穫時期を迎える秋には、一面黄金色に色づき美しい風景を作り出すそうです。
廃校となった小学校を亜麻の資料や木工家具のアトリエなどに使われており、何だか懐かしい光景がよみがえりました。
091127toubetstu1.jpg
091127toubetstu2.jpg
「亜麻の花咲く町」・・・今度はぜひ夏に行ってみたいです。

「亜麻の花咲く里づくり」への1件のフィードバック

  1. (有)亜麻公社の橋本です。
    先ごろはお忙しい中北海道に来ていただきありがとうございました。
     ブログ拝見いたしました。亜麻のご紹介ありがとうございます。まだまだ少ない面積ですが、北海道ならではの景観としてもっと栽培が広がるようにがんばります。
     
     今度は亜麻が咲く頃に、ぜひゆっくりと北海道に来てくださるようお願いします。

コメントは停止中です。